Pocket

 

この記事はサラリーマンとして働いているあなたが知っておくべき「転職」に関する情報をまとめたものです。

人生を豊かにするための仕事選びを実現する為に何をすべきか、お伝えしていきます。

 

知っておくべき転職の常識

「俺、今月末で会社辞めることになったんだ。今までありがとう!」

 

同僚から急にこのようなカミングアウトをされた経験はありませんか?

 

そしてその時こう思いませんでしたか?

「そんなに簡単に会社を辞めてもいいものなのかな?転職活動もしたことないし、よくわからないなぁ」と。

 

そう世の中の半数の人は「転職」という選択肢を考えたことがないのです。

あなたは真剣に「転職」することを考えたことがありますか?

 

もし今まで本気で転職することを考えた経験がないのであれば、知っておいて欲しいことがあります。

 

それは今の世の中「転職」は以前よりも世の中に受け入れられるようになったこと。

そして転職を重ねながらスキルアップを図り、年収を高めたり、より良い働き方を手に入れている人が増えてきているのです。

 

 

統計数字でもその事実は裏付けがあり、なんと社会人のうち52%の人が転職した経験があるそうです。

参考サイト:2人に1人が「転職経験あり」〜転職活動の実態調査

 

52%もの人が転職経験があり、かつ転職出来ているという事実はあなたの想像以上に転職市場は活発に動いているということ。

つまりあなたが仕事を辞めたいと思ったら多くの受け入れてくれる会社が存在していて、その受け皿に対して社会人の半数が実際に転職をしているのです。

 

「転職」に罪悪感を感じるのはなぜか?

 

52%の人が転職経験があるとは言え、まだまだ日本の社会は「退職」という行為が罪深いと思っている人も多いでしょう

仕事を辞めることは労働者の権利であるにも関わらず、どうして罪悪感を感じてしまうのでしょうか。

 

その罪悪感は2つの理由から生まれています。

それはお世話になった人や会社への「情」と、迷惑をかけてしまうという思い込みによるもの。

 

この2つの理由を正しく解釈する事が大切です。

 

お世話になった人・会社への「情」

 

入社からこれまで多くの人と関わって仕事をしてきたことを思い返すと、どうしても「情」が沸いてきてしまうもの。

「○○さんを裏切ってしまうのではないか?」「今までの恩返しがまだできていない」などいろいろなことを考えてしまったり。

 

しかし冷静に考えてみましょう、あなたは他の誰かが退職する時、「裏切りだ!」と思ったことはありますか?

実際はそんな気持ちは湧かずに

 

「えー、そうなんだ。頑張ってね。」

「次は何するの?」

 

このように前向きにエールを送るような言葉が先行するのではないでしょうか。

 

もちろん上司からは「どうして辞めるんだ?」「何が不満だったんだ?」「もう少し頑張れないのか?」というような質問は確実にあります。

ですがそれは上司として一緒に頑張ってきたり、あなたを育てた人間としての純粋な「疑問」であり、「親心」です。

 

あなたの決意や退職する理由が明確なのであれば、最終的には納得してくれるはずですし、背中を押してくれるでしょう。

もちろん性格の悪い人も中にはいると思いますが、そういう人を相手にする必要はありません。

 

あなたが思っているよりも周囲の人々は「味方」なのです。

 

あなたが辞めても迷惑はかからない

 

今まで多くの仕事を進めてきたあなたがいざ辞めるとなるとおそらく気になることは1つ。

あなたの負担を「他の人に押し付けてしまうのではないか」という罪悪感に他なりません。

 

しかし冷静に考えてみてください。

あなたが辞めた後の穴を埋めなければならないのは、上司や同僚ではなく「会社」です。

 

あなたが辞めるということは、あなたが労働者としての権利を行使しているだけですから、あなたは何も悪いことはしていません。

会社は業務を円滑に進めるために必要や人材や商品、設備を準備する義務があります。

 

だからあなたがもし辞めたら代役を探すなり、仕事を振り分けるのであなたが辞めた後も何事もなかったように業務は回ります

寂しいかもしれませんがこれが現実

 

あなたは同僚が辞めた事で仕事が回らなくなった事はありますか?恐らくそのようなケースは稀でしょう。

だから大丈夫。

 

あなたはあなたの人生を豊かにすることを第一に考えればよいのです。

この感覚を意識することができれば、転職に対する恐怖や不安は少しは和らぐと思いますよ。

 

いざ転職するにはどうしたら良い?

 

もしあなたが今の環境に問題を抱えていたりより良い環境を探したいと思っているのであれば、転職活動をスタートさせましょう。

現在の転職活動の良いところは今の仕事を辞めることなくスタート出来ること。

 

あなたは仕事を失うリスクも、生活が出来なくなるようなこともありません。

リスクを負わず、逆にあなたが世の中からどう評価され、どのような可能性があるのかを知る最良の機会

 

仮に内定が出たとしても今の会社と比べて条件が合わないのであれば、現職に残っても良いのです。

「よし、やってみるか」というスタンスで問題はないので肩の力を抜いてチャレンジしてみましょう

 

転職活動の進め方と転職支援サービス

まずは転職活動の流れから説明しておきます。

転職活動を始めてから内定を獲得するまでの流れは以下のようになります。

 

 

【特徴】

  • まずは転職サイト・転職エージェントサービスの登録から(稀に紹介や引き抜きなどがありますがここでは割愛します。)
  • 新卒の時と違ってグループディスカッションなどはない
  • 書類選考は条件合わせ
  • 面接の回数は会社によるが1〜2回程度で終わるケースがほとんど

 

思ったよりシンプルで早く決まる印象を受けますよね。

それは転職活動の最大の特徴が「競争」ではなく「条件のすり合わせ」だからです。

 

書類選考を通過出来ないこともしばしばありますが、あなたに魅力がないというわけではありません。

「企業が欲している人材」と「あなたという人材」がたまたま合わなかっただけ。

 

もし内定が出なかったとしても落ち込む必要はないということを覚えておきましょう。

 

転職支援サービスの選び方

それでは転職活動を始める上で、どんな転職支援サービスを利用すべきなのでしょうか。

結論から申し上げますと転職エージェントを利用することが転職活動を成功に導くカギであると言っても過言ではありません。

 

私がここまで強く押している理由は以下の図をご覧頂ければ理解して頂けるはずです。

 

このように転職エージェントの方がはるかにサービスの質が良いです。

これらの手厚いサービスがありながら転職サイトと同様、無料で使うことが出来るんです。

 

圧倒的に質の良いサポートが受けられるのに、なぜ転職サイトと同様に「無料」で使えるのかあなたはわかりますか?

 

私は最初、よくわかりませんでした。

「サポートしてくれると言ってもお金を1円も払わなくて良いなんて申し訳ない。」と戸惑いすら覚えた記憶があります。

 

この疑問の答えを知ることがあなたの転職活動をより優位に進められるかどうかを左右すると言っても過言ではありません。

 

転職エージェントサービスが最強

転職エージェントサービスを転職希望者が無料で使える理由はズバリ「ビジネスモデル」にあります。

転職希望者に転職エージェントがなぜ手厚いサポートをしてくれるのか、一緒にわかるはずです。

 

以下の図をご覧ください。

 

なんと無料で使える代わりに成果報酬による求人企業と転職エージェントの間での契約が存在しているのです。

つまり、転職エージェントはあなたの転職を成功させることが生業なのです。

 

この話を聞いて、あなたはどう思いましたか?

あなたが転職を成功させることが実は転職エージェントの利益にも繋がり、さらに良質な人材を求める企業にとってもメリットがあるトリプルウィンの成果を生み出すのです。

 

すごいビジネスモデルだと思いませんか?

あなたの転職が成功すれば転職エージェントの利益につながるのであれば、サポートしてもらわない理由はありませんよね。

 

ベストパートナーに出会うための鉄則

早速転職エージェントを使った転職にチャレンジしようと思ったあなた、ちょっと待ってください

転職を成功に導くためにもう一つ大切なことをお伝えしなければなりません。

 

それは担当エージェント」によるサービスレベルの差「相性」も転職を成功させるための大きな要因であるということ。

言い方は悪いかもしれませんが、あなたと相性の悪いエージェントあなたのことをよく知ろうとしないエージェントはあなたの転職活動の足枷になってしまう可能性があるのです。

 

 

ではどうすればあなたとエージェントのアンマッチを防ぐことができるのか?

それは出来るだけ多くのエージェントと会うということ。

 

転職エージェント会社によって、求人の数や得意業種など特徴があります。

また担当してくれる人も様々なタイプの人がいます。

 

最低3社、業種に特化した会社であればさらに話を聞いてみると良いでしょう。

その中であなたが信頼できると思ったエージェントと一緒に活動を進めてみてください

 

ちなみに私が転職活動をした際にも同様に社に登録を行いエージェントとの面談の上、1人のエージェントさんに絞りました

私の場合、異業種同職種での転職を考えていたのでそれを後押ししてくれたことが決め手になりました。

(他のエージェントさんは「異業種は厳しいから辞めたほうがいい」の一点張りでした・・・)

 

是非あなたと息の合うベストパートナーを見つけてみてください

そうすればあなたの理想の仕事にグッと近づくと言っても過言ではありません。

 

オススメ転職エージェント

それではオススメの転職エージェントをご紹介します。

今この瞬間も多くの転職希望者が転職に向けて情報を参照したり、活動しています。

 

転職市場が活発とは言え、運命の出会いのチャンスは積極的に活動した人が手に入れることが出来るもの

あなたも以下のエージェントサービスに登録して(目安:社以上)理想の人生に向けた第1歩を踏み出してみませんか

 

doda

 

オススメ度:★★★★★

対象レンジ:大手・優良企業の求人多数

得意業界 :不問

対象地域 :全国

【特徴】

  • 転職者満足度NO.1の高い顧客満足度を獲得している。
  • 求人数は10万件以上と業界屈指の求人数を誇る。
  • 転職サイトとしての検索機能も充実している上に、エージェント機能も保有している為ステージによって使い分けが可能
  • スカウトサービスがあり、あなたの経歴にどれだけ興味を持つ企業がいるかを把握することができる
  • 担当エージェントの質が高く、当たり外れが少ない。

 

→ doda公式ページはこちらから

 

リクルートエージェント

リクルートエージェント

 

オススメ度:★★★★★

対象レンジ:不問(転職エージェントの老舗、知名度から幅広い企業がクライアントになっている)

得意業界 :不問

対象地域 :全国

【特徴】

  • 転職成功実績NO.1の業界トップの実績。累計で32万人を超える転職者を輩出。
  • 非公開求人数で10万件以上、非公開求人が90%を占めるので転職サイトでは実現できない優良な求人情報が集まっていると言っても過言ではない。
  • 平日夜20時まで対応してくれるので、在職中の転職活動がしやすい。
  • 担当エージェントの質は幅広いが、在職エージェント数が豊富なため、スイッチの依頼にもスムーズに対応してもらえる(筆者体験済)
  • 少なくともリクルートエージェントには登録しておいた方が良いと言われるほど、転職活動のスタンダードになっている

→ リクルートエージェントの公式ページはこちらから

 

マイナビエージェント

マイナビエージェント

オススメ度:★★★★★

対象レンジ:中堅・大手・ベンチャー企業

得意業界 :IT・通信系/メーカー系/サービス系

対象地域 :全国

【特徴】

  • 就職活動でも馴染みがあるため、20代~30代前半の若い層に人気が高い
  • 人材総合サービス企業として企業と深く結びついていることで求人数が豊富
  • キャリアカウンセリング制度が充実。1人の担当者が受け持つ人数が他の会社と比べ少ないため、手厚い支援が受けられる
  • 転職活動に期間設定がされておらず、長期的な情報収集から内定まで長期のサポートが期待できる。
  • 業種・職種に特化した「専門サイト」というカテゴリが存在し、培ってきたスキルを活かしていきたい人にはぴったり。

 

→ マイナビエージェント公式ページはこちらから

 

Aidem Smart Agent

 

オススメ度:★★★

対象レンジ:中小・地域密着の優良企業

得意業界 :不問

対象地域 :関東圏

【特徴】

  • 求人広告媒体である「AIDEM」が母体。
  • 取引法人数は25万社を超えており、地域密着の穴場企業と出会える可能性も。
  • 担当エージェントの親身なフォローを売りとしている。
  • 厳選した求人を転職希望者のニーズに合わせて紹介するスタイルなので、あなたにマッチした求人を紹介してもらえる可能性が高い。

→ Aidem Smart Agentの公式ページはこちらから

 

楽な転職.com

 

オススメ度:★★★★

対象レンジ:ホワイト企業・働きやすい企業に特化

得意業界 :不問

対象地域 :関東圏

【特徴】

  • より良い働き方をしたい人向けのエッジの効いた転職エージェント。
  • ホワイト企業に絞り込んだ求人情報を保有している為、入社後のアンマッチが少ない。
  • サービス自体は他の転職エージェントと比べても遜色ない為、ホワイト企業への転職を意識している人は一度話を聞いてみたほうが良い。

 

→ 楽な転職.comの公式ページはこちらから

まとめ

 

世の中のサラリーマンのうち半数以上、52%もの人が転職経験のある世の中になってきました。

それは終身雇用が崩壊し1つの会社に長くいるだけでは収入も上がらない、出世も簡単には出来ないという世の中に変化してしまったから。

 

会社を辞めるという選択肢は以前よりも受け入れられるようになりましたし、多くの企業が新卒だけではなく社会人経験を積んだ中途人材の採用に期待し、活路を求める世の中においては「上手な転職」ができるスキルがなければ生き残れない環境であると言っても過言ではありません

転職活動をすることであなたの市場からの評価・価値が見えてくるようになり、今までの経験で培ったあなたの仕事力があなたの評価としてそのまま収入に跳ね返るということも不思議なことではないと言えるでしょう

 

もしあなたが今の環境に息詰まっていたり、苦しい状況に追い込まれているのなら無理をして今の会社にしがみつく必要はありません。

まずは転職エージェントサービスに登録して今の状況をエージェントに話すところからスタートしてみてください。

 

【オススメ転職エージェント(再掲)】

 

あなたが理想の職場環境に巡り合えることを祈念しております。

以上、「知らなきゃ損する!?サラリーマンが知っておくべき転職の常識」でした。

 

 

もしよろしければ、本ブログの応援をお願いします!下のボタンをポチっとな!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへにほんブログ村 転職キャリアブログへ

Pocket