Pocket

 

仕事をしていて、周りについていけない、そんな悩みを抱えている人はどうしたらよいのでしょうか?

転職を考えるべきか、今の職場で頑張るべきか。

 

私も入社したてのころや、役職・職責が上がったタイミングで壁にぶつかり、何度も悩んだことがあります。

あなたは今、なぜ能力不足だと感じ、悩んでしまっているのでしょうか?

 

あなたが取るべき選択肢は実はあなたがなぜ能力不足を感じたのか、その原因によって変わってくるのです。

この記事では、仕事能力を限界を感じてしまったあなたが取るべき選択肢を原因別に紹介していきます。

 

Thumbnail of 【転職体験談】仕事のストレスで潰れかけた私が自由で快適な仕事を勝ち取った方法【転職体験談】仕事のストレスで潰れかけた私が自由で快適な仕事を勝ち取った方法
筆者の転職体験談です。ストレスで心と身体を壊された人間が自由で快適な仕事環境を手に入れる方法とは?

 

 

仕事能力の限界を感じる原因を分析する

 

結論から申し上げますと仕事能力の限界を感じたきっかけが、「自覚したものなのか」「他の人から指摘されたり、強く言われたりして感じた」のかによってあなたの取るべき選択肢は変わります。

それぞれのパターンを分析してみます。

 

このままでは能力が足りないと自覚した

あなたが仕事を遂行していく上で、このままでは通用しない・・・と自分自身で感じ、辛い思いをしているのであればそれはあなたが成長しようとしているチャンスということ。

 

新しい仕事に挑戦するときや環境の変化で求められる仕事の質が変わってきた時は必ずと言ってよいほど壁にぶつかりますから、ある意味仕方のないことと言えるでしょう。

それでもやはり辛いものは辛いですよね、仕事が思ったように進まないということもあるでしょう。

 

なぜできないのか?を必死で悩んでいるのではないでしょうか?

 

そんな時にオススメなのは、「自分が今、能力不足であるということを素直に認める」ということ。

認めることができたら、気持ちも楽になりますし、そこからがあなたの反撃の始まりです。

 

落ち込んでいても何も変わりませんから、開き直って前向きに取り組んでいけば必ず道は開けるはず。

 

他の人から指摘されてしまった

困ったパターンなのは、他の人に指摘されて気付いたという状況だった時。

おそらくこの場合は何度も同じミスをしたり、周りに迷惑をかけてしまっているのに気が付かず、改善しようとしなかったりした場合が当てはまると思います。

 

この場合「能力不足」に自分自身が気付いていないというのが一番の問題で、課題を感じていないから改善しようと思うことがないのです。

何度言っても改善しないから、周りから指摘を受けてしまうのですから。

 

この場合は対処の仕方が変わってきます。

 

仕事能力の限界を感じる原因別の対処法

 

自覚した場合の対処法

能力が今足りていないのであれば、出来るようになればよいのです。今できないのは仕方ない。

「今に見てろ!」という闘争心で立ち向かってみましょう。

 

そのほうが間違いなくあなたの精神的なストレスは軽減されますし、ある意味ゲームのような感覚を持つことができます。

TVゲームをやったことがある人はわかると思いますが、「どうしたらできるのか」を一生懸命考えて行動してクリアできたら楽しいもの。

 

私は部下に対して「仕事をゲーム感覚で楽しむ」ということを意識して仕事をしてもらうようにしています。

そうすれば前向きにチャレンジできるから。

 

あなたもロールプレイングゲームの主人公になったつもりで、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

周りから能力不足とみなされてしまった場合の対処法

能力不足に気付かず、周りから指摘されて初めて気が付いてしまった場合は周りから「あなたは能力が不足している」と認識されてしまっている、ここが大きな問題点です。

 

この状況から逆転して「仕事が出来る」状態になるのは相当ハードルが高いもの。

なぜなら、マイナスの評価をプラスに変えることは2段階の評価の洗い替えが必要だから。

 

マイナスから始まると、プラスマイナス0、プラスという2段階必要なのです。

その状況から改善を図るのは相当な努力がいるのは間違いありません。

 

あなたがもしその状況でストレスを感じたり、気持ちが参ったりしてしまっているのなら、いっそのこと環境をリセットしてしまった方があなたが成長しやすい環境に移れる可能性が高い。

なぜなら人は第一印象で90%の評価を下し、それ以上の洗い替えはしないという人が大半だから。

 

それであれば環境を変えてしまい、周りからの評価をゼロスタートにリセットしてしまう方がよほど効率的ですよね。

また今の仕事があなたに向いていない仕事である可能性もありますよね。

 

あなたに適した仕事を探すためにオススメしたいのが、転職エージェントへの相談です。

転職エージェントはあなたの適正や性格などいろいろと話を聞いてくれて、あなたの強み、弱みを相談してくれます。

 

例えば、本当は手先が器用ではないのに技術職についているような場合であれば、別の職種に切り替えることであなたの強みが生かせる可能性もありますよね。

その場合、同業界異職種の転職が良いでしょう。

 

なぜなら業界の知識や経験が生きてくる可能性があるから。

そうやってあなたの経験や強みが生かせる仕事をたくさんの求人の中から厳選してくれる、これが転職エージェントの特徴なのです。

 

あなたにとってベストな環境を探していくためにベストパートナーとなるエージェントさんをお供に、あらたな道への出発を検討してみると、あなたにとってのキャリアアップが実現できるかもしれません。

ぜひ今の職場でおかしな評価を下されている人は、新しい環境にチャレンジしてみてください。

 

<オススメ転職エージェントはこちらから>

【リクルートエージェント】

リクルートエージェント

【doda】

 

【マイナビエージェント】

 

マイナビエージェント

転職エージェントの仕組みに関してはこちらの記事で解説しています。

 

筆者の転職体験談はこちら。

Thumbnail of 【転職体験談】仕事のストレスで潰れかけた私が自由で快適な仕事を勝ち取った方法【転職体験談】仕事のストレスで潰れかけた私が自由で快適な仕事を勝ち取った方法
筆者の転職体験談です。ストレスで心と身体を壊された人間が自由で快適な仕事環境を手に入れる方法とは?

 

まとめ

 

仕事の能力に限界を感じてしまった、その場合は状況によって対処法が異なります。

① 自覚した場合 → 自分の今の実力を認めて、克服できるようゲーム感覚で仕事に取り組む

② 周りからの指摘で気づいた場合 → 環境を変えるべく転職エージェントに相談してみる

 

仕事の能力について悩むのは仕事をしていると当たり前のことです。

改善できるよう、状況に応じたそれぞれの施策を打っていくことをオススメします。

 

以上、「仕事能力の限界を感じる時はどうすべき?能力不足で辛い人が取るべき選択とは?」でした。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 人気ブログランキング

Pocket