Pocket

 

人間はストレスに対してある程度までであれば耐えられるような造りになっています。

初期のストレス耐性の反応としてホルモンやアドレナリンが分泌されて、脳内麻薬のような状況になる為だそうです。

 

一定レベルまでであれば耐えられてきたストレスも、溜まりすぎるとだんだんホルモンやアドレナリンの力が弱まりストレスに対抗できなくなってしまいます。

そのため、少しずつ身体と心に対する影響が出て、だんだんと影響が強まってきてしまいます。

 

この記事では、ストレスが溜まりすぎたときの影響とストレスが原因で引き起こされる症状や病気などをご紹介します。

あなたの身体と心は大丈夫ですか・・・?不安な人は是非一度読んでみてください。

 

【注目記事】 知らないと損する!?サラリーマンが知っておくべき転職の常識

 

ストレスが溜まりすぎるとどうなるのか?初期症状はどんなもの?

 

ストレスが溜まりすぎて、体調に影響を及ぼすような時は、以下のような症状が出やすいといわれています。

頭痛

頭痛にもいろいろありますが、ストレスにより自律神経がダメージを受けているので、脳を緊張状態にしてしまう為、血管が圧迫されたり、頭痛以外にも眼精疲労や肩こり、背中や首の痛みにまで影響が広がることもあります。

風邪でもないのに頭痛の症状があったりする肩こりや体が痛いなどの症状があった場合は、ストレスが原因の可能性もあります。

吐き気

よく、「ストレスで胃が・・・」というような言葉を聞いたことがありませんか?

そうです、ストレスと胃腸は密接に関係しており、ストレスが高まると胃ががキリキリと痛んだり、吐き気を催してしまうことがあるのです。

 

体調が悪くないのに、吐き気を催したり、胃が痛んだりしてしまったら、ストレスの限界を疑ってみてください。

 

焦り

仕事で溜まったストレスはあなたの心を不安にします。

今、仕事をやり切っておかないと落ち着かない、何故かわからないけど追い詰められている、色々な事に焦りを感じて行動が前のめりになっていきます。

 

不安であるから行動するのはいたって自然なことですが、不安が強くなりすぎて物事のスピードが速くなりすぎているのです。

「ストレスを感じている」「焦っている」と感じたら一度立ち止まって、いったん立ち止まってみてはいかがでしょうか。

 

憂鬱な感情

ストレスが溜まったら、憂鬱な感情が頭の中をいっぱいにしてしまいます。

ささいなことでも「嫌だなぁ」と感じてしまい、上司から言われること、同僚との人間関係、仕事量の多さ、負担の大きさ等、少しずつ憂鬱な感情が拡大していくのです。

 

もしあなたが毎日憂鬱な気持ちで生きているような感覚があるのであれば、それはストレスが限界に近づいている証拠。

ストレスの原因は何なのか、一度立ち止まって冷静に考えてみましょう。

 

注意力の低下(ミスを起こしやすくなる)

頭の中をいろいろなマイナスなことが埋め尽くしてしまうと、通常の生活にも支障をきたしてしまいます。

例えば、手元が狂ったり、誤字脱字が目立ったり、チェック漏れが起きたり、今までできていたことが出来なくなってしまうということが起こり得るということ。

 

普通に仕事をしてさえいれば、今まではミスをしなかったことでミスが目立ったりする時は、ストレスを疑ってみると良いと思います。

ストレスが溜まりすぎると最終的にどんな病気につながるの?

ストレスが溜まりすぎると最終的には以下のような病気につながります。

  • 急性胃腸炎
  • 自律神経失調症
  • うつ病
  • 難聴

他にも様々な病気につながる可能性があります。

仕事をする目的はあくまであなたの人生を豊かにするためであり、人生を壊すためのものではありませんよね。

 

だからこそ、早いタイミングで危険な状況から抜け出すべき。

人生一度きりですから、いろいろな選択肢もあります。今の仕事以外の選択肢を検討する良い機会になります。

 

ストレスが溜まりすぎる前にあなたがすべきこと

今の仕事で本当に良いのか考える

もし今あなたが仕事のストレスに苦しめられているのなら、苦しい原因は何で、今の仕事の環境でそれはどうやったら改善できるのか、しっかり考えてみること。

ストレスの原因になり得るのは、

  • 上司
  • 人間関係
  • パワハラ(プレッシャー)

などが多い傾向があり、これらは実は自分の頑張りだけではなかなか改善できないのが実態。

だからこそ、転職するという選択肢は一番の近道だったりするのです。

 

環境ごと、いったんリセットしてしまうというやり方ですね。

バブル経済の時代、会社に在籍して年次を重ねていけば給料が順調に上がったり、出世の道が約束されていた時代とは違い、成果主義かつ年次を重ねても昇級が保障されているわけでもないため、一つの会社に固執することは逆効果になってしまう、そんな時代が今の世の中。

 

逆にある程度の実績・経験・スキルを習得したうえで次の仕事に移っていった方が周りからの評価も高まり、結果的な年収が向上したりすることも大いにあり得ます。

あなたにとって転職することが正解どうかまだ判断できないと思いますから、まずは転職活動を始めてみる、そうして良い企業に巡り合えたら今の企業と比較してベストな選択肢を決定する、そういった活動をしてあなた自身の幅を広げる、そんな活動をやってみてはいかがでしょうか。

 

転職するという選択

いざ転職するという選択を考えた時、あなたはどうしますか?

ハローワークに行ってみたり、自分で転職サイトを検索したりいろいろなやり方がありますよね。

 

ただし、あなた一人で転職活動を進めるということは、とても孤独で不安も多いはず。

だからこそ親身に相談に乗ってくれるパートナーを味方につけることがオススメ。

 

その方法は「転職エージェントサービス」への登録。

転職エージェントとはその名の通り、企業との労働条件の交渉や求人の出ている企業とやり取りを行って、あなたと企業をマッチングさせてくれる、そんなサービスです。

 

世の中で当たり前のように行われているサービスですが、転職活動をしたことがないあなたはもしかしたら知らない情報かもしれません。

是非活用してみてください。

 

<オススメ転職エージェントはこちらから>

◆登録しておくべき大手エージェントサービス

DODAエージェントサービス

リクルートエージェント

マイナビエージェント

◆ホワイトな仕事を見つけたいと思っているあなたに

楽な転職.com

 

↓転職に関する詳細な情報は以下記事をご参照ください。

【転職耳より情報】 知らないと損する!?サラリーマンが知っておくべき転職の常識

 

まとめ

 

ストレスが溜まりすぎると様々な症状があなたの身体から限界を伝えるサインとして発信されます。

  • 頭痛
  • 吐き気
  • 焦り
  • 憂鬱な感情
  • 注意力の低下

等のサインがあなたに送られてきます。

早い段階で対処をしないと「急性胃腸炎」「自律神経失調症」「うつ病」「難聴」などの病気につながります。

 

私は会社のために人生を生きているつもりではないので、ストレスが溜まりすぎていると感じたら、迷わず次の選択肢を考えて、ピンチを脱出する方法は何か頭の中で思考を巡らせます。

会社で働くことで病気になってしまったら本末転倒ですから。

 

あなたも転職エージェントサービスを利用してあなたの理想の仕事を探してみてはいかがでしょうか。

 

以上、「ストレスが溜まりすぎるとどうなる?ストレスが原因で病気になりそうな時の対処法」でした。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 人気ブログランキング

Pocket