Pocket

 

「なんかもう、限界な気がする。いろいろ我慢してきたけど今回はもう無理」

 

多少のストレスやプレッシャーであれば、「すぐに投げ出さずに我慢したほうが良い」というケースの方が多いですが精神的な限界を超えた我慢を続けてしまうと心と身体に限界がきてしまい、取返しのつかない事態になってしまう可能性があります。

うつ病になってしまったりしたら、回復するためにかかる時間は相当なものに。

 

この記事では仕事で精神的に限界を感じているあなたが限界に気付いて、取返しのつかない事態になる前にしておくべきことを解説します。

 

【注目記事】 知らないと損する!?サラリーマンが知っておくべき転職の常識

 

仕事で精神的な限界が近いと言える症状・サイン

 

精神的な限界が近づくと色々な症状や変化が現れます。

もしあなたが「限界かも」という自覚があるなら、以下のような症状が出ていないかチェックしてみてください。

睡眠不良

「今まではよく眠れていたのに最近何度か夜中に目が醒めるんだよなぁ。」

「布団に入れてもなかなか寝付けない」

「今まで寝坊なんかした事なかったのに、人生で初めて寝坊してしまった…」

 

このように、睡眠に関して今までとは違った感覚があるという人は要注意。

なんらかの原因で異常が起きているのです。

 

これらの症状はうつ症状の前兆とも言われていますから、早めの対策が必要です。

イライラ・感情的になる

「最近怒りっぽくなった気がする」

「なぜか涙が止まらない」

 

このような自覚がある人もストレスの限界が近づいていると認識しておくべきでしょう。

私の実体験で1番酷かったのはこの症状で、自分で言うのもなんですが、結構穏和な性格だったはずでした。

 

しかし理由もなくイライラしたり、家族に八つ当たりしまった事がきっかけで「これはおかしい」と自身の異常を痛感し、対処した事で深刻な症状を免れる事が出来たのです。

もし本来の自分ではないような振る舞いをしてしまった事に気がついたのなら、精神的な限界を疑ってみるべきでしょう。

 

耐えられないほどの肩こり・頭痛

これも私に現れた自覚症状の1つです。

肩や背中が内側から破裂しようとしているんじゃないかと思うくらいの強烈な痛みがあり、仕事に集中出来なくなってしまったのです。

 

これは経験者でないとなかなか理解出来ない痛みの種類ですから、誰かに相談してもなかなか理解されないと思います。

肩がそこまで痛む事はなかなかありませんから、医者の診断を受けてみた方が良いでしょう。

 

胃腸の調子が悪くなる

「ストレスで胃が痛む」という言葉を聞いた事がある人も多いと思いますが、これはストレスで自律神経の働きに異常をもたらし、胃酸が過剰に分泌してしまう事から起こるもの。

胃痛の原因はストレス以外にも考えられますから、最初は内科に診てもらっても良いかもしれませんが、もし「睡眠不良」「イライラ」「感情的」「肩こり」などの症状が併発しているようであれば、精神的な限界を疑うべきでしょう。

 

症状に気付いた時の対処法

 

症状に気づいたら、限界を迎えてしまう前に対処しましょう。

まずやらなければならない事は出来るだけ早くストレスの原因から離れる事。

 

うつ病になってしまうと本当に働けなくなってしまいますから急いだ方が得策でしょう。

 

心療内科・精神科に診てもらう

その症状を心療内科、精神科の先生に伝えましょう。

然るべきステップは会社に相談して産業医の診断を受ける事が望ましいですが、会社に言っても受け入れてくれない場合もありますから、その場合は自分で予約を入れましょう。

 

心療内科・精神科は初診の予約が非常に取り辛くなっています。

その為すぐに診療が受けられないから、やめてしまうことの無いようにしましょう。

 

精神科を受診するということはあなたも相当迷った上での決断になるはず。

そこでの診断はおそらく「休養が必要」という指示が出て、あなたは仕事を休む事になるでしょう。

 

でも安心してください、あなたが休職している間の生活は保証されます。

有給休暇が残っていれば優先的に消化される為、最低その期間は会社から給与が支払われます。

 

それ以降も色々な制度を駆使する事で治療に専念する事も出来るので、あなたの身体を守る事に注力しましょう。

以下のサイトに詳しく記載されていますので、気になる方は見てみてください。

参考記事:うつ病になってしまったら・・・「お金」の不安を減らす3つの制度

 

今の仕事から離れる準備をする

仮に休職出来たとしても、精神的な限界を招いた職場に戻るということはリスクがあります。

なぜなら一度ダウンした場所でもう一度ダウンしない保証はないから。

 

休職中でも転職活動をすることは可能なので、体調が戻った時によりよい環境で働けるように準備をしておきましょう。

今こそ転職活動を始める時。

 

転職活動は「転職エージェントサービス」の活用がオススメ。

それは無料で利用できる上、担当のエージェントがあなたをサポートしてくれるから。

 

できれば「休職している」という事実は伏せておきましょう。

余計なことを言わずにいれば、意外とスムーズに進めることができますし、事実がバレることはほとんどありません。

 

次の仕事が見つかれば、あなたは体調を整えて新しい環境にチャレンジするのみ。

あなたが働きやすい環境を手に入れ、精神的なストレスから脱出することができれば、あなたは幸せな毎日を送れることでしょう。

 

まずは以下の転職エージェントサービスに登録して、求人を眺めてみたり、エージェントと会話をしてみましょう。

今までにはない情報を得ることが出来たり、新しい選択肢を見つけて気が楽になると思いますよ。

 

<オススメ転職エージェントはこちらから>

◆登録しておくべき大手エージェントサービス

DODAエージェントサービス

リクルートエージェント

マイナビエージェント

◆ホワイトな仕事を見つけたいと思っているあなたに

楽な転職.com

 

↓転職に関する詳細な情報は以下記事をご参照ください。

【転職耳より情報】 知らないと損する!?サラリーマンが知っておくべき転職の常識

 

まとめ

 

精神的な限界を感じたら、あなたの身体や心に現れてくるサインがないかをチェックしましょう。

  • 睡眠不良
  • イライラ・感情的になる
  • 激しい肩こり・頭痛
  • 胃腸への不調

 

こういった症状があらわれてきていれば、あなたの精神は限界に近づいているといえるでしょう。

可能な限り早く、対処して取返しのつかないことになる前に解決を図っていきましょう。

 

以上、「仕事で精神的に限界を感じる…限界のサインと対処方法を解説」でした。

 

【こちらもオススメ!】

仕事のストレスでもう限界!仕事を休むほどの限界はどこまで?サインは?

 

もしよろしければ、本ブログの応援をお願いします!下のボタンをポチっとな!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへにほんブログ村 転職キャリアブログへ

Pocket