Pocket

 

「サラリーマンって楽しくないよね。仕事もつまらないし苦痛ばっかりじゃない?」

「でも他にやりたい仕事ってあるか?ないよな?」

 

こういった会話を聞いたことがあるかはわかりませんが、そう思っていながらもあなたはまだサラリーマンだったりするのです。

サラリーマンが楽しくないという人はそのままの状態から抜け出して、人生を楽しく過ごしたいものですよね。

 

この記事では、サラリーマンが「楽しい」と思えるようになるために必要な環境について考察していきます。

 

【注目記事】 知らないと損する!?サラリーマンが知っておくべき転職の常識

 

サラリーマンの苦痛、つまらなさ

 

サラリーマンの苦痛とはどんなところにあるのでしょうか。

サラリーマンの特徴から読み解いてみましょう。

 

同じような仕事をやり続ける苦痛

サラリーマンは会社に入り、ある部門に配属されます。

そこであなたのやる仕事はほとんどが分業化された仕事で、やるべき仕事のゴールが決まっているもの。

 

だからこそ同じような仕事を毎日続けていることは、苦痛を伴いますよね。

入社当初は仕事に慣れる為に必死に取り組むので、特に苦痛という感覚はないとは思いますが何年も同じ仕事が続いてしまうとだんだん惰性で仕事をするようになってしまうので、「飽きてしまう」ということはあるはず。

 

ジョブローテーションで違った仕事に配属される可能性もありますが、逆に都度新しい仕事を覚えなければならないというストレスもありますから、仕事内容に「やりがい」がない限りは苦痛が解消されることはないでしょう。

 

上司の指示に従い続ける苦痛

会社で仕事する上で組織に所属し、上司と部下の関係は絶対です。

どんなにウマが合わない上司であっても指示に従う必要があるという宿命をサラリーマンは抱えています。

 

そういった上司と部下の関係に嫌気が差し、毎日でつまらない気分で過ごしている人も多いのではないでしょうか。

これから苦痛を苦痛でない状態にするための方法をお伝えします。

 

参考記事:「上司のストレスが原因で辞めたい…「上司と合わない」は退職理由として適切?」

 

サラリーマンで楽しさを感じるには?

 

サラリーマンが楽しさを感じる時は承認欲求が満たされた時

具体的には以下のような時が当てはまります。

 

結果を出して、認められた時

あなたが毎日の仕事を進める上で、求められる結果がしっかり出せることって当たり前のことかもしれません。

しかし、やるべき仕事を完璧にやり続けることができたら自己満足的に楽しくないですか?

 

しかも同じ結果を出すとしても、相手の期待値を上回るような成果を提供できて依頼主が喜んでくれたりすればその楽しさは倍増するはず。

その喜びを得るためにサラリーマンとして日々の仕事に取り組むというのはモチベーションとしては悪くありませんよね。

 

毎日の仕事の度に褒められたり、達成感を感じることができれば仕事が楽しくなります。

そのために仕事を頑張って、求められる以上の成果を出す努力をしてみると見える景色が変わってきますよ。

 

裁量を持たせてもらえた時

あなたが組織の責任者に抜擢されたり、プロジェクトで責任者を任せられたりする時はやりがいを感じることが出来ます。

今まで上司の指示に従い続けてきたあなたが上司の立場に立つことができるということです。

 

その役割が与えられると途端に自分で判断したり、決定できるだけの裁量が広がります。

それってすごく楽しい状態だと思いませんか?

 

もちろん、比例してプレッシャーも発生するので簡単な仕事ではありませんが、受身の仕事よりはやりがいや充実感を得られるはず。

そのためには、上にも書いたように「しっかりと仕事に取り組み、成果を出す」というプロセスが必要。

 

仕事を楽しむためには、自分も真面目に自身が取り組み、社内で評価される努力も必要ということですね。

 

今の会社ではサラリーマンを楽しめるか

 

サラリーマンを楽しむためにあなたは仕事に真剣に取り組み、成果を上げる必要があります。

そしてその成果が正しく認められ、評価されて会社内の立場を獲得していくことがサラリーマンというを楽しむための方法です。

 

ただしそのプロセスを歩む上での環境について注意が必要です。

 

職場環境の重要性

サラリーマンとして働く上で苦痛を取り除き楽しい状態にするためには職場環境がとても重要。

もしあなたの置かれた環境が成果を正しく評価してくれない会社だったり、上層部の人達が自分の保身のために部下の成長を阻んできたりするような環境だったとしたら、上手くいきませんよね。

 

残念ながら日本の会社には年功序列に近い、若い人がいかに活躍しても上の人が居座り続けている会社もまだまだ存在します。

そしてそういった会社でいくら成果を出したとしても楽しい状態を作りだすことはできません。

 

あなたが仕事を楽しむ上で社内の文化に問題を抱えている会社であれば、環境を変えたほうがよいでしょう。

なぜならいくら頑張っても無駄な努力になるか、楽しく働くことをあきらめるしか方法がないから。

 

良い環境を勝ち取るために

私があなたにオススメするのは転職エージェントサービスを利用して、もっと条件や環境の良い会社に転職すること。

多くの人は今いる会社が世の中から見てよい会社か悪い会社かという評価をあまりせず、視野の狭い状態で苦しんでいる人がたくさんいます。

 

しかし仕事は人生の大半の時間を費やすものですし、良い環境で仕事が出来るようになればあなたの人生はより充実して幸せなものになるということは間違いありません

転職エージェントサービスは無料で担当のエージェントをパートナーとして転職活動に取り組むことができます。

 

企業との条件交渉や、面接の対策などあなたが良い環境を見つけるサポートをしてくれますので、利用する価値は大きいです。

「今」があなたの幸せな人生を勝ち取るために行動する時。

 

まずは以下のサービスに登録してさまざまな求人を眺めてみたり、エージェントと情報交換してみるところから始めてみてください。

 

<オススメ転職エージェントはこちらから>

◆登録しておくべき大手エージェントサービス

DODAエージェントサービス

リクルートエージェント

マイナビエージェント

◆ホワイトな仕事を見つけたいと思っているあなたに

楽な転職.com

 

↓転職に関する詳細な情報は以下記事をご参照ください。

【転職耳より情報】 知らないと損する!?サラリーマンが知っておくべき転職の常識

 

まとめ

 

サラリーマンが楽しいといえる状態になるためには、一般的なサラリーマンとしての苦痛である、「飽き」と「上司の指示に従う」という2つの苦痛を乗り越えなければなりません。

そしてそれはあなたが毎日の仕事で求められる結果以上の仕事をして周りに評価されていく必要があります。

 

もし正当な評価をしてくれなかったり、ポストが開かずに滞留するような会社に勤めてしまっている場合は、環境を変えるための転職活動は、仕事を楽しめる環境を手に入れるために有効な手段と言えます。

転職を検討するなら、転職エージェントサービス。

 

あなたの人生はあなたの行動で勝ち取ることができます。

つまらないと嘆いているのではなく、仕事を楽しむための努力ができる環境を手に入れるべく、行動していきましょう。

 

以上、「サラリーマンは楽しいのか?仕事がつまらなくて苦痛な時にあなたがすべきこと」でした。

 

【こちらもオススメ】

サラリーマンがつまらないと思ったら?人生を無駄にしないための戦略を解説

 

もしよろしければ、本ブログの応援をお願いします!下のボタンをポチっとな!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへにほんブログ村 転職キャリアブログへ

Pocket