Pocket

 

仕事量が多くてストレスを溜めて、過労で追い詰められてしまう人もいれば仕事が暇でストレスをためてしまう人もいます。

 

仕事がしたいのに、仕事がない・・・

毎日が退屈だし、時計がなかなか進んでくれない。何がしたくてこの会社に入ったんだっけ?早く仕事終わってくれないかな…

 

このような状況に陥るとネガティブスパイラルに突入し、自己否定をし続け、どんどん自信がなくなって毎日が苦痛で仕方なくなります。

 

この記事では、仕事が暇なことにより、ストレスを感じている人が向けに、苦痛から解放される為にすべきたった1つの行動をお伝えします。

 

Thumbnail of 【転職体験談】仕事のストレスで潰れかけた私が自由で快適な仕事を勝ち取った方法【転職体験談】仕事のストレスで潰れかけた私が自由で快適な仕事を勝ち取った方法
筆者の転職体験談です。ストレスで心と身体を壊された人間が自由で快適な仕事環境を手に入れる方法とは?

 

仕事が暇になってしまう原因と感じるストレス

 

そもそも、仕事が暇という状況はなぜ発生するのでしょうか。原因とそれによって感じるストレスがどんなものか、解説します。

会社自体の仕事数が減った

あなたの勤めている会社の業績は、いかがですか?

資本主義の世の中ですのでビジネスには競争があり、勝ち負けがあるので当然「儲かっている会社」と「赤字の会社」という二極化するというのが現実。

 

あなたの仕事が暇なのは、あなたに仕事を生み出すだけの業績が作れていない証拠で、これは由々しき問題です。

もしかしたら、あなたの職場の業績が悪く先々の見通しが立たないような会社になってしまっているのかもしれません・・・。

 

そうだとすれば、あなたがやるべき仕事は会社にとって必要がなくなり、本当に会社が危機的状況に陥った場合はあなたがいくら仕事を一生懸命やっていても、やむを得ず居場所がなくなってしまうということも・・・

 

とはいえ自分から手を挙げて仕事を探しにいくなどの努力をして、上司や社内の人に自分の働きをアピールしたとしても、やはりどこを探しても仕事がなく、暇になってしまうというようなことがあるのではないでしょうか。

 

更に私たち日本人は真面目な気質なので、「仕事やることないなら、やらない!」というような割り切りはなかなかできないもの。

これは文化なので是非というわけではないのですが、海外のとある国では、仕事は「指示に従うもの、指示がなければ遊んで待っていれば良い」という文化になっていることもあるようです。

 

日本がストレス社会であるのには、実はこういったところにも原因があるのかもしれません。

 

仕事としては必要だが、仕事の量が絶対的に少ない

役所や会社では事務手続きをする上で「人」が必要であるものの、大半の時間が暇になってしまうような仕事もあります。

この状態の人はある意味どうしようもない状況で、それを理解していてもストレスが溜まってしまうのであれば、選択肢は2つしかありません。

 

「耐える」or「辞める」の2択です。

 

誰かに必要とされている仕事であるのは間違いがないのでやりがいや責任感という意味では十分役割を果たせる仕事、ここでもし「暇」でストレスを感じているのであれば、転職して違った道を歩んだほうが懸命でしょう。

 

不当な評価により自分だけに仕事がない

もし周りが忙しくしていて、あなただけ暇だというような状況なのであれば、厳しい言い方をかもしれませんが、あなたが職場にとって必要とされていないという可能性が高いです。

 

「いいなー、忙しそうで。」と指をくわえてみている場合ではありません。

なぜあなたに仕事が与えられていないのか、冷静に考えてみてください。考えられる原因は以下の通り。

 

  • 仕事が出来ないと思われており、かつ向上心がないというレッテルが貼られてしまっているため、教えるだけ時間の無駄だと思われている
  • 上司や同僚から在らぬ噂や悪評が立ち、そのせいで仕事をする機会を奪われている
  • あなたの過去の過ちが他の人からの信頼を裏切り、仕事を任せてもらえなくなっている。

 

厳しい言葉を書きましたが、このようなことが原因として考えられます。

要はあなたの評価が今の職場で悪く、仕事が任せてもらえないほど悪影響が生じているということ。

 

この事態を脱出するには、正直相当な忍耐と気合が必要です。

しかもマイナスからのスタートになってしまうので、プラスに転じられる保証もない状況。

 

この環境の中で頑張るのが正解なのか、いっそのこと新しい環境を探すのか。

私は新しい環境を探すことをオススメします。

 

なぜなら、一度貼られたレッテルはなかなか外れるものでもありませんし、時間がかかるから。

あなたも経験があると思いますが、「嫌いな人」を好きになれることは相当稀なことであり、そもそも嫌いな人とはコミュニケーションを拒否する人もいますから、挽回するのにかかるパワーを考えたら、0から信頼を積み上げたほうが手っ取り早い。

 

今の職場以外にも、働く場所はたくさんあります。

ストレスが限界になる前に客観的に世の中を見つめて、今よりも良い環境を探してしまえばいいんです。

 

暇な時間はあなたの人生を無駄にする

仕事で暇な時間を過ごしているということは、単純に退屈だという気分的な問題に留まりません。

最大の問題点はあなたの貴重な人生の時間を捨ててしまっているということ。

 

時間というのは取り戻せないもの。

そして退屈な時間を過ごしている間に他の人達は人生を豊かにするための「経験」をしたり「スキル」を磨いたりしています。

 

それは何を意味しているかわかりますか?

この資本主義という競争の世の中でどんどん差が開いていくということなのです。

 

格差社会という話が良く出ますが、これは時間の使い方・経験量の差が能力や評価の差として確実に現れている結果であり、それがあなたの立場を決めていると言っても過言ではありません。

 

もしこの事実に気付かずに、あなたが今の暇で辛い状態でずーっと時間を浪費し続けていたらどうなるでしょう。

厳しい言い方かもしれませんが、社会の中でおいていかれる可能性が非常に高くなります。

 

今は仕事があるかもしれませんが、将来あなたの会社がなくなったら働く場所はありますか?

あなたはどんな経験をして、どんな仕事であれば他の会社でも戦力になれますか?

 

今はとても恵まれた環境かもしれませんが、その恵まれた環境が失われた時のリスクを頭に入れて対策を打っていきましょう。

 

苦痛から解放される為のたった1つの行動

 

働く環境を変えて、あなたが生き生き働ける場所を探す

上記のような状況に置かれた時、あなたが取るべき行動は1つ。

環境を変え、あなたが生き生き働ける場所を探す活動をするということ

 

業績が悪化した会社に勤め続けていてもあなたの生活は豊かになることはなく、泥船に乗り続けるようなもの。

あなたの人生は今の会社のためにあるものではないのです。

 

今の仕事の価値は理解できているけれども、どうにも退屈だと感じてしまう人は、環境を変えて、新たなチャレンジを。

 

マイナスな評価を受けて、仕事がなくて暇になってしまった人も、環境を変えればゼロリセット出来ます。

 

苦痛から解放されるたった1つの行動は転職活動をして環境を変えること、これが答えです。

 

転職活動って何から始めればいいの?

転職という選択肢を取るとき、はじめは不安ですよね?

ましてやほとんどの人が初めての転職だと思いますので、何から始めればよいのか手探りの状態からスタートすることになります。

 

転職というのは今の職場を捨て、新たなフィールドへの旅立ちを意味します。

右も左もわからない状態でなんとなく転職サイトに登録して、求人を眺めていたとしても不安は解消されないもの。

 

転職が成功するまであなたをサポートしてくれるパートナーがいたら心強いと思いませんか?

そんなあなたを助けてくれるのが転職エージェントという存在です。

 

転職エージェント?転職サイトと何が違うの?と思う方もいると思いますので、転職活動の流れを簡単な図で説明していきます。

 

【転職エージェントと転職サイトの違い】

 

転職エージェントはあなたに求人を紹介してくれる。

転職サイトがあなたが求人を探す。

 

つまり自主的に行動を取らなければならないか、あなたに合った求人を提案してもらえるかの違いということ。

これは転職活動のスタートとしてはとても大きな違いです。

 

あなたが求人票を見て、書いてある内容だけで判断した会社が蓋を開けてみたら思っていた仕事と違ったらどうしますか?

これが転職活動における一番の不安なのではないかと思います。

 

転職エージェントが評価されているポイントはこういった不安をあなたに代わって企業とコミュニケーションを取ってくれる「代理人」になってくれる点。

応募先企業の担当者とコミュニケーションを取り、転職のプロから見た懸念点や適切な条件の交渉というものをあなたに代わって行ってくれるのです。

 

紙面上の情報以外の生の情報を提供してもらえたら、会社の本当の状態までしっかりと見極めた上で判断することが出来る、だから安心というわけです。

もちろんそれ以外にもあなたが転職を成功させるまで様々なサポートを行ってくれます。

 

  • 職務経歴書・履歴書の書き方添削
  • 面接の対策
  • 各種転職に関するセミナーの開催
  • 勤務条件の交渉
  • 年収交渉
  • 退職手続きのアドバイス

 

このように転職エージェントが行ってくれるサービスは多岐に渡ります。

しかも転職エージェントはなんと無料で使うことができるのです。

 

なぜここまでのサービスを無料で使えるのか。

それは転職エージェントの真の役割が求人先の企業が求める人材を獲得することであり、企業から成功報酬をもらっているから。

 

 

このようにちゃんと報酬をもらっているので、あとはあなたの転職が成功することがサポートしてくれるエージェントに対する恩返しにもなるというわけです。

転職活動はいろいろな不安もあると思いますが、まずは活動を始めてみることが大切です。

 

ちなみに転職活動を始めたとしても「転職するかどうか」はまた別の話。

転職活動をしてみた結果、やっぱり今の会社がいいと思う人もいますし、その場合は内定をもらっても断っています。

 

まずはどんな会社が世の中にあるのか、あなたの市場価値はどのくらいあるのかを試すくらいに気持ちでスタートすればよいのです。

結果的に良い仕事に出会えたのなら、それは素晴らしいことなのですから。

 

あなたの人生を切り拓くのはあなた自身の行動から。苦痛を乗り越えて素晴らしい人生に向けて新たな一歩を踏み出しましょう!

 

オススメの転職エージェント

私がオススメする転職エージェントはリクルートエージェントです。

リクルートエージェント

 

対象レンジ:不問(転職エージェントの老舗、知名度から幅広い企業がクライアントになっている)

得意業界 :不問

対象地域 :全国

【特徴】

  • 転職成功実績NO.1の業界トップの実績。累計で32万人を超える転職者を輩出。
  • 非公開求人数で10万件以上、非公開求人が90%を占めるので転職サイトでは実現できない優良な求人情報が集まっていると言っても過言ではない。
  • 平日夜20時まで対応してくれるので、在職中の転職活動がしやすい。
  • 少なくともリクルートエージェントには登録しておいた方が良いと言われるほど、転職活動のスタンダードになっている

→ リクルートエージェントの公式ページはこちらから

 

実際に私が使ったエージェントがリクルートであり、素晴らしい職場に転職することができました。

 

私の転職体験談はこちらです。

Thumbnail of 【転職体験談】仕事のストレスで潰れかけた私が自由で快適な仕事を勝ち取った方法【転職体験談】仕事のストレスで潰れかけた私が自由で快適な仕事を勝ち取った方法
筆者の転職体験談です。ストレスで心と身体を壊された人間が自由で快適な仕事環境を手に入れる方法とは?

 

ただしリクルート社だけが良いというわけではなく、他にも実力のあるエージェントは多くいます。

転職エージェント選びというのは「会社」ではなく「人」を選ぶという要素が強いので、複数のサービスに登録して、面談した上でパートナーを決めたほうが良いでしょう。

 

私も以下のエージェントサービスに登録して、面談をした上でリクルートエージェントに決めています。

まずはいろいろなエージェントと会ってみてくださいね。

 

<その他オススメ転職エージェントはこちらから>

◆登録しておくべき大手エージェントサービス

DODAエージェントサービス

マイナビエージェント

 

◆ホワイトな仕事を見つけたいと思っているあなたに

楽な転職.com

 

↓転職に関する詳細な情報は以下記事をご参照ください。

【転職耳より情報】 知らないと損する!?サラリーマンが知っておくべき転職の常識

 

まとめ

 

仕事が暇になってしまう原因は

  • 会社自体の仕事数が減っている
  • 仕事としては必要だが、仕事の量が絶対的に少ない
  • 不当な評価により自分だけ仕事がない

ということが要因。

 

そのストレスから解放されるたった一つの方法は、新しい環境にチャレンジする転職活動です。

あなたの人生を切り拓くのはあなた自身の行動から。苦痛を乗り越えて素晴らしい人生に向けて新たな一歩を踏み出しましょう!

 

以上、「仕事が暇で感じるストレスの正体は何?苦痛から解放されるたった1つの行動とは?」でした。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 人気ブログランキング

Pocket