Pocket

 

仕事で溜まるストレスはいろいろな種類があります。

仕事量・顧客等の原因以外に「人間関係」ということも大きなストレスの要因になります。

 

仕事は「人」と「人」とのコミュニケーションで成り立つもので、当然他人と他人であるなら考え方も違えば、経験も違う、性別も違えば、年齢も違ってくる為、気を使ったり、神経をすり減らすのは当然。

コミュニケーションという行為自体に摩擦がついて回るのに、人間関係に問題を抱えていればさらに状況は悪化します。

 

この記事では人間関係に問題を抱えてしまった時に取るべき行動について解説していきます。

 

仕事のストレスの上位は人間関係?

 

「仕事のストレス原因、1位は?」(マイナビニュース)という記事にもあるように、1位は上司との人間関係です。

「ウマが合わない」というやつですね。

 

女性の場合はさらに「同僚」との人間関係というキーワードが上がってきます。

やはり上下関係を重んじ、調和を大切にした教育を積んできた日本人は周りに対しての気遣いが抜群に上手。

 

逆に他の人を気にしすぎるがあまり、いろんなことを考えてしまう為、ストレスを感じてしまうのです。

では人間関係で感じるストレスはどのように対処していったらよいのでしょうか。

 

仕事のストレスの原因が人間関係だった時の対処法

 

あなたの考え方を持ち、行動を変える

人間関係悩んでしまう時って、どんな時でしょうか。

「上司に怒られた」「〇〇さんに迷惑をかけた」「▲▲さんに嫌われてしまったかも」「社内で自分の変な噂を聞いた」など様々なパターンがあります。

 

冷静に振り返ってみてください、実はそういった悩みは大半が「受身の姿勢」に起因していることがほとんど。

上司からの指示を待っていたり、同僚から何かを言われるまで何もしていなかったりすれば周りからの「ツッコミどころ」を自ら作ってしまっているのです。

 

逆境を乗り越えられる時というのはあなたも経験があるかもしれませんが「あなた自身が変わる」ことがとても大切で、あなたの姿勢が変わるとあなたのことを周りも見直し、接し方が変わってくるもの。

毎日を一生懸命、あなたの考えで行動していくことで余計な雑音もシャットダウンすることができ、あなたの仕事の質を今までよりも高い水準まで引き上げてくれるでしょう。

 

仕事だから仕方ないと割り切る

仕事の質自体を高めていくということは、相当意識を高めていかないと難しいこと。

人によっては「仕事」に対してプライオリティーを高く置かずに、平日を「上手く乗り切る」、休日の「プライベートを充実させること」を最優先に考えている人もいます。

 

そういった状態に持っていくと、ストレスを感じることも少なくなり、人間関係も特に気にならなくなってくるので毎日のストレスを減らしていくことができる。

一見合理的なやり方ではありますが、私の考えとしてはオススメできません

 

なぜなら人生のうち、1日最低8時間、週40時間、月200時間、年間2,400時間、定年まで84,000時間という膨大な時間を「何とか乗り切る」ために浪費することになってしまうから。

人生を切り売りするようなやり方でお金を稼ぐのであれば、毎日ワクワクしながら働ける環境に身をおいて、仕事もプライベートも充実させたほうが賢いと私は思います。

 

新しい環境を探す

あなたがもし人間関係で悩んでいて、受身の姿勢が脱却できなかったり、仕事を「乗り切る」という考え方になってしまっているのであれば環境を変えていままでのしがらみをリセットするということも有効な選択

ここであなたに質問です。

 

「あなたは会社に守ってもらえていますか?」

「将来に関しても安心できますか?」

 

おそらくこの答えに「Yes」と力強く答えられる人は少ないのではないかと思います。

昔は好景気の影響で終身雇用、賃金も右肩上がりに上がるという夢のような環境が維持できており、サラリーマンになることで安定した人生を手に入れることができたのですが、今は違う。

 

高度経済成長期と違って現在の会社は相当な努力をしないと業績を残すことができず、会社にいれば生活も賃金も保証されるといった環境はもはや失われたと言っても過言ではありません。

だから実は「転職する」という選択肢は今までに比べて許容されていますし、実際にあなたの周りでも会社を辞める人もそれなりにいるはず。

 

転職というのはある意味あなたが「会社を選ぶ」という行為であり、あなたの人生を充実したものにするために、今では何の問題もない有効な選択なのです。

もしあなたが周りの人からの見え方を気にして、転職自体を躊躇っているのなら「転職するべきか、今の環境に残るべきか」を客観的に判断するために「転職エージェントサービス」に登録することをオススメします。

 

毎日の仕事のストレスに耐える、もしくは割りきることでストレスを乗り切っているのなら、人生を充実させる為の選択肢がもっと存在するということに気づいてほしいと私は思います。

視野を広げてもっと自分が輝ける環境があるということを認識し、「もっと輝ける、充実した人生を送れる選択肢」を検討してみてはいかがでしょうか。

 

<転職を考えたら読んでみてほしい記事はこちら>

↓ おすすめの転職エージェントを紹介した記事

↓ 筆者の転職活動の体験談

Thumbnail of 筆者の転職体験談筆者の転職体験談
ストレスで心と身体を壊された人間が転職活動をした結果自由で快適な仕事環境を手に入れた!!

↓ 転職活動の基礎知識を知りたい方へ

 

まとめ

 

ストレスの原因が人間関係だった場合、

  • あなたの考え方を持ち行動を変える
  • 仕事だから仕方ないと割り切る
  • 新しい環境を探す

いずれかの選択肢を検討してみてはいかがでしょうか。

 

終身雇用が崩壊した今、新しい環境を選ぶということは当たり前の行動であり、有益なもの。

人間関係に悩んだら、一番環境を変えてしまうのが手っ取り早い。

 

まずはその感覚を持つことから始めてみてはいかがでしょうか。

以上、「仕事のストレスの原因は人間関係?疲れる職場は割り切るのが正解?」でした。

 

もしよろしければ、本ブログの応援をお願いします!下のボタンをポチっとな!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへにほんブログ村 転職キャリアブログへ

Pocket