Pocket

 

マイクロマネジメントという言葉をご存知でしょうか。

マネージャーである上司が部下の仕事に対して「過剰に干渉してしまうマネジメントの状態」を指します。

 

いちいち1つ1つの仕事に対して干渉されてしまうということはあなたにとって思考や行動の自由を奪われる、ストレスフルな状態であるのは間違いありません。

そんな状態でストレスを溜め続けてしまっては、うつ病にでもなってしまうんじゃないかと危機感を持ってしまうのではないでしょうか。

 

この記事では、マイクロマネジメントをしてくる上司の過干渉から逃れる為にすべきことを解説していきたいと思います。

Thumbnail of 【転職体験談】仕事のストレスで潰れかけた私が自由で快適な仕事を勝ち取った方法【転職体験談】仕事のストレスで潰れかけた私が自由で快適な仕事を勝ち取った方法
筆者の転職体験談です。ストレスで心と身体を壊された人間が自由で快適な仕事環境を手に入れる方法とは?

 

マイクロマネジメントが発生する原因は?

 

結論から言うと、あなたに対して上司が不安を感じていることが原因。

上司は組織において達成しなければならないミッションが課せられているもの。

 

与えられたミッションを達成する為の戦力としてあなたを見た時に「任せられる」か「任せられない」かを上司はまず判断します。

そしてその判断に基づいてあなたへの接し方を決めているのです。

 

あなたの所属する組織を見渡してみてください。

おそらく「あまり細かいことを言われない人」と「細かくいろいろな報告を求められたり、指示を受けている人」がいるはずです。

 

上司も不安を抱えていて、その不安を解消する為に部下に対して指示を出していきます。

そしてその干渉度合いに個人差があり、心配症すぎて「過干渉」になっているのがマイクロマネジメントと呼ばれる状態なのです。

 

マイクロマネジメントはどんな人が被害を受けやすい?

 

それでは上司から「任せられない」と判断されてしまった人の中で、特にマイクロマネジメントを受けやすい人というのはどういう特徴があるのか。

特徴をまとめていきたいと思います

自分の仕事に自信がなく、上司からの指示を待ってしまう人

仕事で努力を重ね、経験を積んでいる人は自分の経験からある程度一人で仕事を進めていくので上司からいちいち何かを言われなくてもできてしまうもの。

しかし自信がない人はどうしても指示を待ってしまいがち。

 

そういった指示を待ってしまう人について上司は「指示通りに出来ているか」気になってしまい、細かく追及し始めるのがマイクロマネジメントの始まりだったりします。

指示をした立場としてはちゃんと指示通り行われているかを確認しなければならないので、必然的に干渉を受けてしまうというのが、「指示待ちで仕事をしてしまっている人」の損をしているところと言えます。

 

報告・連絡・相談が少ない人

仕事が出来たとしても、報告・連絡・相談が少ない人もマイクロマネジメントの被害に合いやすい人と言えます。

何故でしょうか?

 

上司は部下の成果に対する責任を課されている立場なので、あなたがどんな仕事をしているかわからないと不安で、ちゃんと把握しておきたいというのが本音。

その不安を払拭する為に上司はあなたの仕事を1から10まですべて確認しようとする、これがマイクロマネジメントが起こる理由です。

 

しかも一度「報告をしてこない人」というレッテルを貼られてしまうと、その上司は毎度毎度あなたの仕事をチェックしたり確認したりすることが止められない。

こうやってマイクロマネジメントの渦にハマっていってしまうという、これがホウレンソウが少ない人が損をしてしまっているポイントなのです。

 

仕事の能力を認められていない人

仕事の能力を認められていない人も、マイクロマネジメントの餌食になってしまう可能性があります。

上司はたいてい部下よりも仕事の経験を積んでいたり、仕事が出来ると周りから認められた人が多いです。

 

そういった上司にとって、仕事を「任せられない」部下は自分が指導をしなければと意気込んでいる可能性が高いもの。

「上司の責任として部下を指導する。」もちろん親身になって指導してくれるという人もいますが、間違った方向に進んでしまえば「過干渉状態」になってしまう危険性は高いと言えます。

 

ある意味自分のやり方が答えだと言わんばかりに細かく指示を出し、その指示通りしっかりと仕事を進められているかを確認されるので細かいチェックに気が滅入ってしまうのです。

この3つ目のパターンが多くの人が陥りやすいマイクロマネジメントの例になるケースが多いでしょう。

 

例えば入社したばかりの新人だったり、組織を持ったばかりの新米上司の組織になってしまうとこのようなパターンのマイクロマネジメントにハマってしまう可能性があるので、注意が必要です。

 

マイクロマネジメント上司の対処法

 

ここからはマイクロマネジメントをしてくる上司の対処法をお伝えします。

上記で上げた状況別にお伝えしていきますが、一つ重要なポイントがあります。

 

それは「上司と会話する癖をつける」ということ。

それは一体どういうことなのか、掘り下げてお伝えしますね。

 

間違っても良いので自分の考え(仮説)を持って上司と会話する

まずは受身型の仕事スタイルで上司のマイクロマネジメントに苦しんでいるパターンの人向けです。

自分の考えを持つということは仕事においてとても大事なこと。

 

なぜならあなたの考えというのは、仕事の成果に大きく影響するから。

例えば、あなたが何の考えもなく上司の指示を待って仕事をしていたとします。

 

その場合に出されるアイディアは上司の考えた方針1つ。

上司と言っても完璧な人間ではありませんから、上司の考えがもし間違っていたら失敗を回避することができなくなってしまいますよね。

 

これがもしあなたと上司の2人が知恵を出し合って考えた結果だとしたらどうなるでしょうか。

上司には気付かなかった視点で物事を見つめることができるようになるため、議論を重ね「最適解」に近づける可能性が高まっていくのです。

 

仕事というのは正解はありません。

そして仕事の成功・失敗というのは「結果」でしか判断が出来ないのです。

 

結果を出していくための最適解を見つけ出す為に間違っても良いのであなたの「考え」をぶつける癖をつけることができれば、あなたの仕事の理解度も深まっていき、あなた自身の成長につながる可能性もあります。

今、マイクロマネジメントに悩んでいるのならまずは自分の考えを持つ意識を持つこと。

 

そうすれば成長できる上に上司にも認めてもらえる可能性が高まりますから、是非やってみてください。

 

聞かれる前に自分から報告する癖をつける

報告というのは自分から主体的に行えるので事前の準備も出来る上に、表現方法によっては同じ事象だったとしてもより評価してもらえることもあるという性質があります。

報告をしていない状態の上司はあなたの仕事ぶりが気になりますので、上司から状況を聞いてくる時には「気になること」が多くある状態であるのは言うまでもありません。

 

そうなれば、非常に鋭いツッコミを受けることが予想されます。

しかしあなたのことが気になっていない状態で報告を受けたらどうなるでしょう

 

大半は「そうか、わかった」という反応になることが多いです。

なぜなら「不意を突かれた状態」なので余計なツッコミをする余裕がなく、考える暇を与えないからです。

 

しかも一度報告をしておいた内容は上司も頭の片隅に残っているので、もし改めて質問されるとしても「あの時報告してくれたと思うけど、あの件はどうなってたっけ?」と報告していない人に対して詰めるのではなく、一度聞いたことを忘れて申し訳ないと思っている状況に立場が逆転するのです。

自分から報告しておくと不要なツッコミを受けることなく、立場も逆転できることを考えるとメリットは大きいと思いませんか?

 

上司に話しかけづらいから後回しになんてしないでくださいね。

報告を怠ると苦しくなるのは自分なのですから。

 

スキルアップをして、上司を黙らせる

あなた自身の能力が上がり、周囲からも一目置かれる状態になることができれば上司からも余計なことを言う必要もなくなりますし、言えなくなってくるもの。

スキルを高める為には当然ですが、努力を積み重ねる必要がありますし成果を出すために一直線で進んでいかなければなりません。

 

実は成功を勝ち取る為に必要な行動も実は「報告する」ということだったりします。

何故かと言えば自分から主体的に報告しておくと、早い段階で上司からアドバイスをもらうことができるから。

 

上司は当然あなたよりも経験や能力が上の人間です。(無能な上司というのも中にはいますが…)

その人間の経験を直接あなたの仕事に活かすことができる、これが報告の良いところと言えます。

 

報告して、アドバイスを活かして成果を出す。

そして知識と経験を蓄えていくことができればあなたが成長するのは間違いありませんよね。

 

細かい追及を受けることなくスキルを身に着けて成長することができれば、ストレスの少ない自由な働き方が実現できる可能性が高いと思いませんか?

マイクロマネジメントに屈してしまうという次元を超え、上司の立場すら超えた能力を身に着けることができるかもしれないのですからワクワクしてきませんか?

 

対処法を試す前に限界を迎えてしまいそうな時は?

 

マイクロマネジメントというものは対策を打つことで改善できることもありますが、抜けられないスパイラルに入っていたり、上司との関係性によりどうにもならないという時があります。

そういった時にはまず今の環境から抜け出すことを第一に考えてみてください。

 

そうしなければあなたは本当に「うつ」になってしまい何もできなくなってしまう可能性があります。

私も「うつ状態」といううつ病手前の状況にまで追い詰められてしまったことがありますが、その時はまだ「身動きが取れる状態でした。

 

しかしうつが進行してしまうと何もやる気がなくなってしまったり、布団から出られなくなってしまったり、行動が制限されてしまうこともあります。

そうならないために、あなたはまず「上司」から離れる必要があるのです。

 

Thumbnail of 【転職体験談】仕事のストレスで潰れかけた私が自由で快適な仕事を勝ち取った方法【転職体験談】仕事のストレスで潰れかけた私が自由で快適な仕事を勝ち取った方法
筆者の転職体験談です。ストレスで心と身体を壊された人間が自由で快適な仕事環境を手に入れる方法とは?

 

部署異動を願い出る

上司から離れる為には、「部署を異動する」という手段が考えられます。

まずは人事部門に言ってみることから始めるべきですが、残念ながら希望通りの場所に異動が叶う可能性はかなり低いと言えるでしょう。

 

なぜなら人員の配置というものはあなただけでなく、受け入れ先の人員も併せて動かす必要があるから。

つまりあなたが今のマイクロマネジメントの部署から異動する為には、別の人がそのマイクロマネジメントの餌食になってしまうということ。

 

そして更にあなた1人の希望を例外として受け入れてしまったら例外が例外ではなくなってしまいます。

結果あなた以外にも異動希望者が殺到して、嫌な組織からは異動希望を出すというような流れになってしまうと会社がおかしくなってしまうと思いませんか?

 

異動希望を出してみるのも良いですが可能性は高いものではないということを頭に入れて、別の手段も並行して考えるべきと言えるでしょう。

 

仕事を休む

もしも精神的に辛く、限界を迎えてしまいそうな時は一度平日に休むことをオススメします。

なぜかと言えばあなたが自分と向き合う時間を確保するために適しているから

 

土日や会社の決められた休みというものは大抵事前に予定を組んでしまったり友人から誘いが入ってしまったり、家族の相手をしなければならなかったりするので、なかなか1人で自分と向き合う時間を確保するのは難しいもの。

平日であれば家族は仕事や学校に行っていることが多いですし、友人もあなたが休みだという認識がないためあなたに急な誘いが入ることもありません。

 

自分と向き合って今の現状をどう思っているのか、これからどのように変えていきたいのかという考えをまとめ、次なる第一歩を踏み出すきっかけを生み出すことができれば非常に価値の高い時間であることは間違いありません。

 

こちらの記事も参考にしてみてください。

参考記事:仕事のストレスでもう限界!仕事を休むほどの限界はどこまで?サインは?

 

マイクロマネジメントから逃れる為に転職するのはあり?

 

結論から申し上げますと、マイクロマネジメントから逃れるために転職をするのは間違っていません。

なぜなら組織の異動は叶わない、一度ロックオンされてしまうとマイクロマネジメントから抜け出すのが難しいということを考えた時に「職場ごとリセットする」ほうが確実かつ効果的であると考えられるから。

 

マイクロマネジメントをする上司が悪いというわけではなくて、マイクロマネジメントをせざるを得ないようなあなたの会社自体に問題がある可能性もありますからね。

現に私の転職した職場にはマイクロマネジメントをやるような人間は一人もいませんでした。

 

だからこそ転職をいう選択肢も視野に入れて、行動してみると良いのです。

転職活動ってどうやったらいいの?と思う方は以下の記事を参考にしてみると良いでしょう。

 

Thumbnail of 【転職体験談】仕事のストレスで潰れかけた私が自由で快適な仕事を勝ち取った方法【転職体験談】仕事のストレスで潰れかけた私が自由で快適な仕事を勝ち取った方法
筆者の転職体験談です。ストレスで心と身体を壊された人間が自由で快適な仕事環境を手に入れる方法とは?

 

マイクロマネジメントが理由で辞めたい時の退職理由

マイクロマネジメントから解放されたくて転職活動を始めるということを素直に転職活動で言っても良いのでしょうか?

答えは「言い方を変えて伝えるのはあり。」というところでしょうか。

 

パターン①「上司から細かく指示をされてしまい、ストレスが限界なので別の会社に転職しようと考えました。」

パターン②「自分自身で仕事をもっともっと進めていけるようになりたいので、裁量を大きく与えてくれる会社に転職して、自分の能力をより高めていきたいと思いました。」

 

これら2つの退職理由を聞いて、あなたはどちらの人を採用したいと考えますか?

後者の方が前向きで仕事が出来そうなイメージがしませんか?

 

そう人間の言葉というのはとても大きな意味を持ち第一印象からすべて塗り替えてしまうだけの力を持っています。

物は言い様ですから、同じ事象でも前向きな言葉を使うように心がけてみてください。

 

まとめ:次の職場でマイクロマネジメントに遭わない為に

 

仮に転職活動で成功できたとしても、あなたの姿勢が変わらなければまた同じような状況に陥ってしまう可能性は否定できません。

そうならない為に本記事で取り上げた、

  • 仮説を立てて、仕事に取り組む
  • 主体的に報告を行っていく
  • スキルを磨いて上司に物言いをつけさせなくする

 

というような3つの行動を意識してみると良いでしょう。

次の仕事についた時に報告の癖がついていたり仮説を立てて議論ができるような状態になれるのであれば、あなたの仕事に対する回りからの評価必ず変わってきます。

 

あなたがマイクロマネジメントから解放されストレスの少ない環境を手に入れる為に、これまで記載した内容を意識して行動を取り、未来を切り開くための第一歩を踏み出してみませんか

 

以上、「マイクロマネジメントでうつになりそう…マイクロマネジメント上司の対策はこれだ!」でした。

 

もしよろしければ、本ブログの応援をお願いします!下のボタンをポチっとな!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへにほんブログ村 転職キャリアブログへ

Pocket