Pocket

 

毎日、多くのストレスを抱える現代人。
日本人は非常にまじめな傾向があるため、ストレスを感じていても「我慢」してしまう傾向があります。

「ストレスが限界を超えるって、どんな感じなんだろう。」

「あまりストレスを溜めるとうつ病になってしまうらしいけど、自分は大丈夫なのかな?」

そんな心配をしながらも日々の仕事に追われて、答えの出ないまま時が過ぎてしまうという人が大半なのではないでしょうか。

さらに勤勉な日本のサラリーマンは「休むこと」が悪だと勘違いしている人が多いです。

 

「辛いけど、まだ頑張れる」「ここで休むのは甘えなんじゃないか?」

「周囲の人に迷惑をかけてしまう・・・」

 

悪しき体育会気質が残り、「根性」が美学のようになっているのが実態。
もちろん少しずつ「パワハラ」「過労死」「うつ」などの実態が世間に周知され始めている為、改善傾向にあるとは言え、まだまだそういった会社が多く存在します。

イライラや痛み、嫌な気分に目をつぶって歯を食いしばって会社に向かうことは絶対にやめましょう。なぜなら私自身がうつ病手前まで追い詰められて、仕事を休職した経験があるから。

この記事ではストレスが限界を超えると起こることについて、私の経験も踏まえてお伝えしていきます。

ストレスには3段階の反応がある!?

ストレスは目に見えないものです。

だから自分がどれだけ危険な状態にあるのかを判断するのはとても難しいです。
しかし、判断する目安は存在します。

それは3段階のストレスに対する反応です。あなたは知っていましたか?

【第一段階】あなたの身体が耐性を作る<警告期>

仕事をしていると「プレッシャー」を感じたり、失敗をした自分を責めたり、落ち込んだりすることがあります。

会社に入ったばかりの頃、あなたは多くの「出来ない」に悩み、苦しい時期を過ごす人は大半だと思います。

これが【第一段階】あなたの身体が耐性を作る<警告期>にあたります。

【第ニ段階】アドレナリンの放出によりストレス耐性が出来上がる<抵抗期>

しかし夢中で仕事をしていたらいつの間にかその辛さや悩みはいつの間にか感じなくなっていたという経験、あなたはしたことはありませんか?

この状態になると【第2段階】アドレナリンの放出によりストレス耐性が出来上がる<抵抗期>に突入します。

おそらく多くの人がこの状態で日々いろいろな困難を乗り越えているのでしょう。

しかし、もっとも危険な状態が次の第三段階です。

【第三段階】ストレス耐性が弱り、体調や精神状態に異常をきたす<疲憊期>

    ストレスを感じなくなったあなたはアドレナリンという麻酔で一時的に守られています。
    しかし残念ながらその麻酔も無限に効果が続くというわけではありません。

    限界が近づくとあなたの身体は悲鳴を上げ始めます。

    身体の痛みや、イライラがコントロールできなくなったり、ふさぎ込んでしまうようなことがあります。それらの体調不良こそがあなたの身体が発する「危険信号」

    無視し続けてしまうと取返しのつかない状態になってしまう可能性もあります。
    もしあなたが以下のような症状に自覚がある場合、あなたのストレスは限界を超えているのかもしれません。

    気になる方は是非チェックしてみてください。
    自分のことは自分で守る、この意識がストレス社会においてはとても重要なことなのです。

    ストレスが限界を超えると起こる身体的・精神的症状

    腹痛や吐き気に悩まされる

    もし腹痛や吐き気が続いているようなら、自律神経に異常が出ている可能性があります。
    人間は自律神経という機能でコンディションの調整をしています。

    大きく2つの機能があり、交感神経と副交感神経と呼ばれるものです。

    交感神経は食事を取った時に消化を助ける為に胃酸を出したり運動をする時に血行を良くする働きを担い、副交感神経は睡眠を取るときに心拍数を緩やかにしたり、興奮を押さえる機能があります。

     

    しかしあなたが第三段階<疲憊期>に突入してしまっていると、「自律神経の働きが逆転」して、制御できなくなってしまうことがあるのです。

    「腹痛・吐き気」が起こる原因はまさしく消化をしなくても良いタイミングで胃酸が多量に排出されてしまっている状態が引き起こしています。

    「ストレスで胃が痛い」というありがちなセリフも、実は科学的に証明が出来る作用なのです。

    今まで胃痛や吐き気を感じたことがない方が急に「腹痛」「吐き気」を訴えている時は「ストレスが限界を超えかかっている」という身体からのSOSサインを疑った方が良いでしょう。

    睡眠が上手く取れない

    「よく眠れない」「朝の目覚めが悪い」「夜中に何度も起きる」「昼間に強烈な眠気に襲われる」などの症状はわかりやすい不調のサイン。

    睡眠は精神的な不調が一番出やすい部分なので1週間以上改善がないようであれば、第三段階を疑っうべきでしょう。

    これも先述した「交感神経」と「副交感神経」の逆転によって起こってしまいます。
    起きる時間になっても交感神経が上手く作用してくれず、最悪の場合ベッドから起き上がれなくなるという状態になることもあります。

    睡眠はあなたの活動のエネルギーを充電するための必要な活動です。
    そこの異常を放っておくと大変なことになるかもしれません。

    何をしても「楽しい」と思えなくなる

    今まで楽しかったことが急に楽しめなくなったら非常に危険。

    私は釣りが趣味なのですが、釣りに出かけているのに気分が上がらなかったら明らかにおかしいですよね!?

    物事を楽しめなくなる理由はあります。

    それはあなたの抱えている悩みが無意識のうちに頭の中に居座って、気分が落ち着けることができなくなってしまうからです。

    リフレッシュしたいのに嫌な気分が消えないというのは、より状態の悪化を招く可能性があると思いませんか?

    早くストレスの原因から完全に離れる行動を取るべきです。

    休暇を取ったり、心療内科を受診して休職の診断を受けてもらったりと「手を打つ方法」は存在します。あなたの状態を冷静に見極めて厳しい状態だと思ったら、回復に専念する決意を固めてください。

     

    食欲に異常が出る

    自律神経がダメージを受けることにより、「過食」や「拒食」といった症状が出ることがあります。

    私は過食傾向が強く、ストレスが溜まると食に走ってしまい体重がどんどん増えてしまいました。

    過食の経験談ですが「食べ過ぎ」「ダイエットしろ」等いろいろ言われるので、余計にストレスは増幅していきます。

    ダイエットしようとしても、ストレスによる自律神経の乱れにより食欲の制御が出来ず、何度も失敗を繰り返してしまうのです。そんな状態でダイエットに取り組むくらいなら、原因である「ストレス」の排除の方が大切ではないでしょうか。

     

    常にイライラしている

    趣味も楽しめないような状態になってしまうと、プライベートにも影響します。

    私の場合は家族に対して苛立ち、怒鳴ってしまったり、家で一人でいる時、道を歩いている時も何かに対してイライラが止まらなくなった経験があります。

    私はこの状態を自覚した時、「このままではだめだ!」と腹を決めました。
    ストレスの原因は間違いなく仕事だったので「転職」に踏み切ることにしたのです。

    私の転職体験談はこちらの記事をご参照ください。

    【転職体験談】仕事のストレスで潰れかけた私が自由で快適な仕事を勝ち取った方法

     

    【最悪な状況】何のために生きているかわからなくなる

    毎日イライラしていたり、家族にあたってしまったり、眠れなかったり、つまらない日々が続くと「自分は何のために生まれてきたのか」と深い闇の底に落とし込まれたような思考がぐるぐると回りだしてきてしまいます。

    こんな状況では最悪な行動を取ってしまう危険性すらあります。

    あなたがこのような状態に悩んでいるのなら、一刻も早く心療内科に行って、精神状態をチェックしてもらいましょう。

    ストレスが限界を超えると起こる症状の具体例

     

    私自身がストレスで限界を超え、身体と心を壊した時には以下のような症状を経験しました。

    • 睡眠不良
    • 激しい肩こり
    • 全身がきしむような激痛
    • 息切れ・動悸
    • 心臓の痛み
    • イライラで家族にぶつかる
    • 人前でも涙が止まらない
    • ネガティブな思考をポジティブに変換できない

    さすがにもう限界だと思い、自ら「休みたい」と会社に手を挙げました。

    そして産業医の診断書を受け取り、4ヵ月間の休職に入ることになりました。

     

    自分が体験したからこそ言えるのですが、苦しかったら是非、手を挙げて休んで欲しいです。

    身体と心が元気になれば多くのリカバリーをかけることができるんですから。
    勇気は必要かもしれませんが、まだまだあなたの人生は長いはずです。

    実際にその状況を訴えたら上司も周りのメンバーもとても心配してくれて「あとは任せてゆっくり休め」と助けてくれました。

    その時は涙が出るほど嬉しく、解放された気分になったのを覚えています。

     

    また私の知り合いに更にひどい症状に悩まされている人もいます。

    投薬治療中が必要で、日々感情の乱高下に悩まされているそうです。

     

    彼はうつ病にかかった時、身体が動かなかったり、細かいミスを連発してしまい、頑張ろうと思っても体が言うことを聞かないという状況に陥ってしまいました。

    一番感じ取らなければならない異常は「なんかいつもと違う」という感覚なのでしょう。

    その人は急に「もう死んでしまいたい」と発作的な行動に出てしまうこともあるようです。
    うつ病は本当に怖い病気です。

    自分の身は自分で守ること。この意識を忘れてはいけないのです。

    限界が近いと感じたらやっておくべきこと

    会社を長期間休むということはとても不安なことです。

    収入はどうなるのか?

    復帰出来たらまた仕事をさせてもらえるのか?

    無事に戻ってこられるのか?

     

    不安を感じたら、一度俯瞰して物事を見ることが大切です。
    具体的に言えば、「会社に戻る」以外の選択肢を作るということ。

    おそらくあなたの頭の中は、今の会社のことばかりが頭にあるのではないでしょうか。
    ですが今が他の会社と比べる千載一遇のチャンスであると言っても過言ではありません。

    まずはあなたの身体と心を元の元気な状態に戻す、これが最優先であるのは言うまでもありませんが、気分転換も含めて転職活動の情報収集をしてみるというのもありだと私は思います。

    転職活動を「やってみようかな」と思ったあなたへ

    転職活動を始める上で当サイトオススメのエージェントがあります。

    それは「リクルートエージェント」。

     

    リクルートエージェント

     

    おすすめできる理由は大きく3つ。

    圧倒的な求人数」と「厳選された非公開求人」、そして「専門コンサルタントのサポートの手厚さ」です。

     

    私自身リクルートエージェントを使って、最高の職場環境を手に入れた経験があります。

    首都圏における転職はもちろん、地方へのIターン転職でもしっかりと対応してくれます。

     

    豊富な求人数はあなたの可能性を広げる上で最も重要な指標であると言っても過言ではありません。

    なぜなら本当にあなたに合った会社を提案するためには、コンサルタント自身が「多くの選択肢を持っている」必要があるから。

    求人数という提案の引き出しが多いからこそ、無理強いせずにあなたの話に耳を傾け、あなたの要望に応えることのできる求人が提案できるのです。

    無料で利用することができますので、一度登録してみてはいかがでしょうか。

    リクルートエージェントに相談してみる【無料】

    その他の転職エージェントとも比較してみたいという方はランキング形式でご紹介していますので、以下の記事も読んでみてください。

    転職エージェントおすすめランキング~あなたに合った転職エージェントの選び方~

    ↓ 筆者の転職活動の体験談を読んでみたい方はこちら

    【転職体験談】仕事のストレスで潰れかけた私が自由で快適な仕事を勝ち取った方法

    ↓ 転職活動の基礎知識を知りたい方はこちら

    知らなきゃ損する!?サラリーマンが知っておくべき転職の常識

    まとめ

     

    ストレスが限界を超えると様々な症状が気持ちだけでなく身体からもSOSサインが現れるもの。

    SOSを出しているのに、今の仕事に固執して我慢を重ねてしまうと取返しのつかないことになってしまいます。

     

    だからこそ早いタイミングで対応が必要で仕事を休んだり、仕事に対する考え方を見直してみることが重要。

    この記事に書いてあるSOSサインに気付いて、「いつもとは違う違和感」を感じたら今の仕事に固執せず、さまざまな選択肢を検討してみましょう。

     

    一つだけ言えるのは、あなたがすべき仕事は今の仕事だけではないということ。

    自分の人生を第一に考えて、さまざまな選択肢を検討してベストな道を選ぶことで、幸せな人生を作り上げていきましょう。

     

    以上、「ストレスが限界を超えるとどうなる?心の限界のサインはどんなもの?」でした。

     

     

    もしよろしければ、本ブログの応援をお願いします!下のボタンをポチっとな!

    にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへにほんブログ村 転職キャリアブログへ

    Pocket