Pocket

 

サラリーマンは自分の時間と可能性を差し出す代わりに、働いている間は人並みの生活が保障されるという最高の安心を獲得しています。

 

安心を獲得できるとは言え、あなたは自分の給料に満足していますか?

そもそも給料に差が出る理由は何なのか、本質的な理由を理解していますか?

 

この記事ではサラリーマンの給料の仕組みを解説し、年収を上げるために必要なことはなにかを考えていきます。

 

サラリーマンの給料の仕組み

サラリーマンの給料は何に対しての対価なのか

サラリーマンの給料は何に対しての対価だと思いますか?業績でしょうか?評価でしょうか?

 

実は業績に対してでも、評価に対してでもない「あなたの時間と労働力」に対する対価

ビジネスを行う上で、どんなに良い製品があっても、どんなに売れる営業マンがいても、最終的に製品・サービスが顧客に提供できなければ成り立ちませんよね。

 

したがって「給料」というのは、ビジネスを回す「人」を確保することが目的。

人件費は企業の利益を圧迫しますから、できるだけ抑えておきたいもの。

 

人さえ確保できれば、高い給料を支払う必要がないのです。

サラリーマンはあくまでビジネス上の歯車ですから、会社はそもそも給料を高くしたくないということが本質なのです。

 

なぜ給料が安い人と高い人がいるのか

ビジネスの内容によりますが、誰でも出来る仕事とスキルが必要な仕事と分かれます。

 

誰でも出来る仕事であればアルバイトのように「働いた時間」を条件に雇用するので、時給制で比較的安く人を確保できます。

しかしある程度のスキルが必要な場合は一定期間継続して働いてもらう必要があるので正社員という形態で従業員にメリットを与えて、長く働いてもらえるような形態で雇用するのです。

 

みなさんサラリーマンは毎日会社に出社し、日々の仕事の中でスキルを磨き、会社にとって必要な人材へと成長していきます。

就職活動や転職活動で採用する人事部門が見ているのは、会社が求めているスキルレベルまで成長してくれる見込みがあるかどうかを見極めているということ。

 

しかし正社員であるという点や採用プロセスなどは同じだとしても、給料が安い人と高い人がいるは事実。

その理由は仕事の難易度と所属している会社にあります。

 

給料が安い人と高い人の違い

 

仕事内容による給料の違い

正社員でも給料が安い人は求められる仕事のレベルが一般的な水準レベルで、あなたでなくても代わりが効くというケースが多いです。

給料が高い人は仕事のレベルが高く、ある程度の習熟と能力が必要な仕事で、能力と努力によって出せる成果が変動するのも特徴。

 

あなたの仕事内容はどちらにあてはまりますか?

もし誰かにすぐ代われるような仕事で今の給料に不満があるならば、「スキルアップ」を意識して自分の市場価値を高めていく必要があります。

 

あなた自身が努力を惜しまず、今までの経験やスキルを活かして毎日全力で働いているのに給料が上がらないと思っているなら、原因は所属している会社にあるのでしょう。

 

所属している会社の違い

会社の業績を気にしたことはありますか?

売上に対して、利益が出ていますか?

 

利益が出ていなければ経営が厳しく、人件費を上げる余力がないということ。

仮に利益が出ているとすれば、その利益は業界の平均水準に達していますか?

 

平均水準に達しているのにあなたの給料が上がらないのであれば、会社はあなたの給料を上げることを考えていないということです。

どういうことか、もう少し深堀りしてお伝えします。

 

会社は利益を出すことが目的で、利益を出すためには売上を伸ばすか原価を減らすかしか方法はありません。

あなたの給料が上がることは会社にとって「原価が上がることと同義」なのです。

 

だから利益が出ていないうちは給料は上げたくないし、上がらない。これが現実。

利益を出すためには出来るだけ給料は上げないほうがよいのです。

 

高い給料を出す会社とその理由

世の中の会社の中には高い給料を払ってでも優秀な人材を確保したいという会社も存在します。

それは何かしらの分野でトップを走っているリーディングカンパニーです。

 

リーディングカンパニーが人件費を投入する理由は簡単です。

2位ではダメ、1位に居続けるために優秀な人材がほしいから。

 

リーディングカンパニーは1位であることで世の中の評価と売上を得ているので、いい加減な人材に自分達の事業を任せて転ぶわけにはいかないのです。

給料を上げるという考え方に立ったのであれば、リーディングカンパニーへの転職を目指すことが一つの選択肢になるでしょう。

 

年収を上げるためにはどうしたらよいのか

リーディングカンパニーへの転職

リーディングカンパニーへの転職を目指すにはどうしたらよいのでしょうか。

 

まずはあなたの市場価値を知る必要があります。

オススメしたいのが、転職エージェントへの登録です。

 

転職エージェントとはさまざまな人材の転職をサポートし、企業とあなたを繋いでくれる存在。

市場でどんなスキルが必要とされていて、あなたが活躍できる会社はどんな会社かを紹介教えてくれるプロフェッショナルです。

 

未知のチャレンジをするのであれば、やはり個人で活動をするよりはプロに任せることは大切なこと。

きっとあなたの理想の給料に近づけてくれるはずですから、ぜひチャレンジしてみてください。

 

転職活動を「やってみようかな」と思ったあなたへ

 

転職活動を始める上で当サイトオススメのエージェントがあります。

それは「リクルートエージェント」。

 

リクルートエージェント

 

おすすめできる理由は大きく3つ。

圧倒的な求人数」と「厳選された非公開求人」、そして「専門コンサルタントのサポートの手厚さ」です。

 

私自身リクルートエージェントを使って、最高の職場環境を手に入れた経験があります。

首都圏における転職はもちろん、私のように地方へのIターン転職でもしっかりと対応してくれました。

 

求人数はあなたの可能性を広げる上で最も重要な指標であると言っても過言ではありません。

なぜなら本当にあなたに合った会社を提案するためには、コンサルタント自身が「多くの選択肢を持っている」必要があるから。

 

求人数という提案の引き出しが多いからこそ、無理強いせずにあなたの話に耳を傾け、あなたの要望に応えることのできる求人が提案できるのです。

あなたもリクルートエージェントを使って、転職活動を始めてみませんか?

 

リクルートエージェントに相談してみる【無料】

 

その他の転職エージェントとも比較してみたいという方はランキング形式でご紹介していますので、以下の記事も読んでみてください。

↓ 筆者の転職活動の体験談を読んでみたい方はこちら

Thumbnail of 筆者の転職体験談筆者の転職体験談
ストレスで心と身体を壊された人間が転職活動をした結果自由で快適な仕事環境を手に入れた!!

↓ 転職活動の基礎知識を知りたい方はこちら

 

そもそもサラリーマンではなく自力で稼げるようになる(脱サラ)

転職したとしても、年収がいきなり倍になるようなことは稀です。

上に記載した通り、給料=会社にとっての原価なので優秀な人材を確保するための必要コスト以上に一気に上がらないのです。

 

年収を一気に倍以上伸ばしたいと思っているのであれば、サラリーマンではなく、起業をするのも一つの手でしょう。

参考記事:脱サラの本当の意味とは?隠された本質を徹底解説!

 

自力で稼ぐということを考えた場合、リスクが低く、副業から始められるネットビジネスがオススメ。

 

相当な努力が必要ですが、継続すれば会社に頼らず自分の力で稼げるようになります。

あなたも現状に不満があるのなら、挑戦してみませんか?

 

以上、「サラリーマンで給料が安い原因は?年収を上げるには転職?努力?」でした。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 人気ブログランキング

Pocket