Pocket

 

「なんか最近落ち着かないなぁ。何かに追われているみたいだ。」

「朝起きると節々が痛い日が続いている。インフルエンザにかかったみたいな痛みなのに、発熱はないし…。」

 

ストレスは個人差はありますが、様々な身体的、精神的な異常を引き起こす事があります。

それは大したことのないように感じるかも知れませんが、悪化してしまうと大きな病気に繋がってしまう可能性のあるもの

 

取り返しのつかない状況になる前に早めに手を打っておく必要があります。

人間のストレス耐性には3段階あるとされ、言われており「警告期」「抵抗期」「疲弊期」と呼ばれています。

 

初めは苦しいストレスも徐々に慣れてくるもの。

しかしその抵抗力も長くは続きません。

 

ストレスを溜め込みすぎる事で「疲憊期(ひはいき)」に入り、抵抗力が少しずつ弱り、今まで出来たことが出来なくなってしまうという事が起こり得ます。

このような状態になる前にあなたはストレスを溜め過ぎない為のケアや根本的な改善を図る必要があるのです。

 

この記事では仕事において発生するストレスに対して、身体からのストレスの限界のサインはどんなものがあるのかを解説した上で、あなたが取るべき対策をお伝えしていきます。

 

ストレスが溜まると起こる症状(身体的症状)

頭痛

風邪を引いているわけでもないのに常に頭が痛い、重い、ボーッとするなどの症状を自覚している人は要注意。

何の原因もなく痛みが発生するという事はありませんから、もし病気ではなく原因不明の頭痛を感じているのならそれはストレスによる自律神経の乱れを疑うべきでしょう。

 

腹痛・吐き気

ストレスが蓄積し、自律神経が乱れると頭痛の他にも胃酸を過剰に分泌してしまうということもあります。

そのおかげで吐き気を催したり、腹痛を訴えたりする症状が現れるのです。

 

「ストレスで胃が痛む」とよく言われますが、自律神経が乱れているということなのです。

 

肩こり・身体の痛み

肩こりや全身が怠い感じになることもあります。

私がストレスでダウンした時に一番顕著だった症状はこれでした。

 

冒頭にも書きましたが、インフルエンザの時のような節々の痛みが常に起こっているのですから、心もそうですが何より身体が辛かったというのが当事者の感想。

ストレスで気持ちが参ってしまう前に身体の症状で気が付いたので逆に本格的なうつに発展することがなかったというのが救いでした。

 

「抵抗期」から「疲憊期(ひはいき)」に入ってしまうと今まで耐えられていたストレスに急に耐えられなくなるので、余計に感じるダメージは大きくなってしまうもの。

こうならないうちに早めに対策を打っておくべきでしょう。

 

ストレスが溜まると起こる症状(精神的症状)

 

憂うつ感

身体ではなく、気持ちの面に異常が現れると「憂うつな気持ち」から抜け出せなくなり、ネガティブな感情があなたを支配してしまうこともあります。

このようなネガティブな感情は正常なら「ポジティブに考える」ことで切替ができるのですが、精神的に参ってしまった状態ではなかなか前向きに切り替えることができないもの。

 

周りの人から「おいおい、ネガティブすぎるぞ。もっと気楽に考えろ!」と言われたところでおそらくうまくいきません。

それはストレスへの耐性が落ちて、感情のコントロールが効かなくなっているから。

 

その状況で無理をすると前向きに考えられない自分に苛立ち、余計に精神を傷つけてしまいますから周囲の人の声はできるだけ無視して専門家である精神科や心療内科の先生に相談をするようにしましょう。

 

焦燥感

何をしていても落ち着かなかったり、焦って今まで上手くできていた仕事にミスが出てしまうこともあります。

また焦りに苛立ち、いつもの自分では考えられないような言動や態度を取ってしまうことも。

 

私の場合は、家族に対して苛立ちをぶつけてしまいものすごく後悔したのを覚えています。

このように何かに追われるような感覚を感じているのならストレスが限界に近づいているということを疑った方が良いでしょう。

 

ストレスが溜まりやすい人はどんな人?

 

ストレスが溜まりやすいのは、以下のようなタイプの人が多いです。

あなたがもしこのタイプに当てはまっていて、具体的な症状があるのであれば早めに対処すべきでしょう。

  • 真面目
  • 優秀で失敗経験が少ない
  • 競争意識が強い
  • 我慢強い
  • 完璧主義
  • 細かいことが気になる
  • 自己主張ができない
  • 相手に気を遣いすぎる
  • 自分に自信がない、自分が嫌い
  • 短気

 

いずれにしても小さな挫折やプライドを傷つけられたりすることがきっかけでストレスを溜めてしまうことが多いので注意が必要です。

 

ストレスを解消するには?

 

 

毎日を生きているとさまざまなストレスがあなたを襲います。

仕事のストレスだけでなく、家庭や通勤時間中なども育児ストレスや満員電車の不快さがあなたを襲います。

 

だから適宜ストレスを解消するための活動をする必要があります。

ここではいくつかの解消法をお伝えしていきます。

 

好きなことをして仕事を忘れる

まだあなたの状態がそれほどひどい状況でないのなら、仕事を休んで好きなことをして仕事を忘れることも大切。

例えばすきなミュージシャンのライブに行くとか、思い切り身体を動かすなどが良いと言われています。

 

こればかりは個人の趣向次第ですが、自分の好きなことに没頭すると嫌なことが忘れられたりするものです。

 

リラクゼーション

気持ちを落ち着かせるためにリラクゼーションを受けるというのも良いでしょう。

具体的には「ヨガ」や「マッサージ」「アロマテラピー」「音楽療法」などが挙げられます。

 

欠点はお金がかかってしまうため、使いすぎると生活に支障をきたしてしまうこと。

それよりも根本的な解決に注力した方が良いでしょう。

 

ストレスの原因から離れ、休む

まずあなたのストレスで大部分を占めるのはどのようなものでしょうか。

仮に仕事のストレスなのであれば仕事を休み、仕事を考えない時間を作りましょう

 

休みが取れないということは今の世の中少なくなってきていますが、やはり休みにくいもの。

ですが、ストレスで何かしらの異常が身体と心に生じているのは、風邪と比べてどっちが大事なのでしょうか。

 

風邪で休めるのに、身体がおかしくなって休めないということはおかしいですから遠慮することなく「体調不良」と宣言して休んでも良いのです。

一日、二日休んでも状況が変わらないのであれば、まとまった休みが必要ですから、心療内科や精神科を受診して休職の診断を出してもらうことをオススメします。

 

休職したとしても数か月間なら生活費も保障されますから、まずは身体と心を治すことを意識してみましょう。

傷病手当金についてはこちらのサイトを参照してください。

 

ストレスが溜まることで発症する病気

 

ストレスが溜まりすぎると、以下のような病気につながってしまう恐れがあります。

急性胃腸炎

自律神経が狂って、胃酸が出すぎてしまうと急性胃腸炎に発展してしまうことがあります。

ここまで来るとまともに生活できない為、入院になってしまったり、最悪の場合もっと深刻な病気に発展してしまう可能性もあります。

自律神経失調症

めまいや動悸、息切れ、肩こりなどの症状が慢性的に発生し、生活に支障が出てしまう病気です。

要するに今まで紹介した身体的・精神的な不調のことを指すので実際はもうすでに足をかけてしまっているのかもしれません

 

とは言え、悪化させるわけにはいきませんからやはり対策が必要であるのは間違いありません。

 

うつ

憂うつな感情が慢性的に続き、物事に興味を持てなくなったり、遠くに行きたい、消えてしまいたいなど通常の感覚ではありえないような感情が先行してしまう病気です。

意欲が下がり、自分を責め続けてしまうので抜け出すのが難しい病気ですから、泥沼にハマる前に手を打っておく必要があります。

 

根本的な改善法はストレスの原因から離れること

 

毎日を生きているとさまざまなストレスがあります。

しかし今あなたの身体を蝕んでいるストレスは間違いなく過剰であると言えるでしょう。

 

過剰なストレスを受け続けていれば、当然いつかは限界が訪れます。

だからこそストレスの原因を突き止め、離れる為の努力が必要。

 

取返しのつかないことになってしまってからでは遅いのです。

 

仕事が原因なら転職も視野に入れよう

もしあなたのストレスが「仕事」によって発生しているのなら、「転職」も視野に入れて活動してみてください。

転職すると労働の環境が大きく変わります。

 

私の場合、毎日朝6時には家を出て23時まで帰ってこられない職場環境から、8時に家を出て19時には帰宅できる環境を手に入れることができ生活が激変しました

1つの会社にいると外の世界は想像以上にわからないもので、転職先の常識が元いた会社の非常識だったりするのですから驚きです

 

あなたも転職してストレスのない、幸せな生活を手に入れてみませんか?

転職活動は「転職エージェントサービス」の利用がオススメ。

 

転職エージェントはあなたの転職活動を成功させることで報酬を得ている為、あなたが成功するために必要なサポートを提供してくれます。

例えば書類選考の添削や面接対策、非公開求人の紹介などがサービスとして受けられるうえ、すべて無料で利用することができるのですから、使わない手はありません。

以下にオススメのエージェントをご紹介しておきますのでチェックしてみてください。

 

<オススメ転職エージェントはこちらから>

DODAエージェントサービス

リクルートエージェント

マイナビエージェント

楽な転職.com

 

↓転職に関する詳細な情報は以下記事をご参照ください。

【転職耳より情報】 知らないと損する!?サラリーマンが知っておくべき転職の常識

 

まとめ

ストレスが溜まりすぎてしまうと、さまざまな症状があなたの身体に表れてきます。

それは、ストレスがいよいよ耐えられる限界を超えてあなたを蝕もうとしているサイン

 

そうなる前にあなたがすべきことは定期的にストレスのケアをすることと、ストレスの根本原因から離れるということ。

転職したり、部署を異動させてもらったりやれることはたくさんあるはずです。

 

くれぐれもストレスを溜めすぎてあなたが正常な暮らしができなくなってしまうような事態は避けるようにしてください。

あなたの人生はこれからなのですから。

 

以上、「ストレスが溜まると起こる症状とは?仕事のストレスで感じる限界のサインを見逃すな!」でした。

 

 

【こちらもオススメ】

ストレスが限界を超えるとどうなる?心の限界のサインはどんなもの?

【注目記事】 知らないと損する!?サラリーマンが知っておくべき転職の常識

 

 

もしよろしければ、本ブログの応援をお願いします!下のボタンをポチっとな!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへにほんブログ村 転職キャリアブログへ

Pocket