Pocket

 

何か体の調子が悪いような気がするけれど、特に思い当たる原因がない、という時はありませんか?

そういった感覚を経験したことがある人は要注意。

 

実は原因は日々のストレスである可能性があり、気づかずに我慢を続けていると大変なことに。

ストレスは最終的にはさまざまな病気を引き起こしますし、初期で対処できれば問題が大きくならずに済むこともあります。

 

この記事ではストレスが溜まると起こる症状について書いていきます。

【注目記事】 知らないと損する!?サラリーマンが知っておくべき転職の常識

 

ストレスが溜まると起こる症状と体の異変

 

ストレスが原因で起こる症状

ストレスが原因で起こる症状としては、以下のようなものがあります。

  • 頭痛
  • 吐き気
  • めまい

こういった症状が現れるのが特徴で、それぞれの症状は「自律神経」や「胃腸」にストレスが原因でなんらかの影響が出ているということが考えられます。

風邪でもないのに、お腹を下しているわけでもないのに、突然上記のような症状が現れたら要注意。

 

あなたの心や身体にストレスが負担をかけており、悲鳴を上げているのです。

だからこそ、早い段階で気づいてケアをしてあげるのが大切ということ。

 

違和感を感じたら、思い当たる原因を探り手を打っていかないと手遅れになってしまうかもしれませんよ。

 

ストレスが原因で起こる体の異変

体の異変という意味では、症状というよりこれもいつもとは違った違和感を感じることがあり、下記のような感覚を持っていたら、こちらも急いで対処する必要があります。

  • 体の痛み
  • 集中力の欠如(ミスの発生)
  • 思考能力の低下・憂鬱な感情

 

私は、まさに「体の痛み」を感じて異変に気が付きました。

首や肩や背中、関節が何をしたわけでもなく痛くなったり怠くなったりして、しかもそれはオフィスにいる時に顕著に現れるという体験をしました。

 

これは体が会社を拒否しているんだと、率直に思いました。

このまま今の会社にいてはいけないと、冷静に思ったのが次のステージを考えたきっかけでした。

 

体の異変に気が付いたらどうすべきか

 

今の職場があなたのベストな環境かを改めて考える

私の場合は特に、オフィスにいる時に身体の痛みを感じたので、明らかに職場の環境がストレスの要因であるということがわかっていましたので、まず環境を変えることが最優先であると考えました。

通勤や、仕事の内容、残業時間数、プレッシャーのかかり方など、何にストレスを感じているのかを分析してみるのもオススメです。

 

次の仕事を考える上で、あなたは何をやりたいのか、何のために働くのかをあなたなりに定義してみることができればどんな仕事が良いか、見えてくるはず。

 

他の仕事の情報を集めてみる

自分が何をしたいのか、働く目的ややりたい仕事が見つかったら、さっそく仕事の情報を集めてみましょう。

私のオススメは、「転職エージェントサービス」への登録をし、担当エージェントと相談しながらあなたの希望に近い求人の情報を集めてもらうということ。

 

例えば勤務地や、職種・業種・業界等あなたが大切にしたい軸を中心に情報を集めてくれます。

私も使ってみて思ったのですが、思った以上に他の会社の情報は知らないことが多く、「こんな会社もあったのか!」という驚きのほうが多いのです。

 

あなたの理想の働き方というのは、もしかしたら大手企業に就職できても叶わないものかもしれませんから、幅広く情報に触れてみることで、最適な選択肢に近づけると思いますよ。

 

<オススメ転職エージェントはこちらから>

◆登録しておくべき大手エージェントサービス

DODAエージェントサービス

リクルートエージェント

マイナビエージェント

◆ホワイトな仕事を見つけたいと思っているあなたに

楽な転職.com

 

↓転職に関する詳細な情報は以下記事をご参照ください。

【転職耳より情報】 知らないと損する!?サラリーマンが知っておくべき転職の常識

 

環境の大切さを考える

 

最後に環境の大切さについて触れてみます。

私は働く環境はとても大切だと思っていて、親心のある上司や責任を取ってくれる上司の下で仕事ができれば、成長スピードはきっと他の同期よりも早いはずです。

 

自分が成長できそうだと感じられる環境に自分の身を置き、例え成果がすぐに出なかったとしても、もがいてみてください。

そこでの頑張りは間違いなくあなたの糧になりますし、あとで「良い経験だった」と思えるはず。」

 

逆に、人間関係や上司に不満を持っていたりするとストレスが積み重なり、精神的に追い詰められてしまうこともあります。

参考記事:仕事の人間関係が辛い…ストレスで辞めたいと思っても大丈夫、その理由を解説

参考記事:上司のストレスが原因で辞めたい…「上司と合わない」は退職理由として適切?

 

だからこそ職場選びに関して妥協をしてはいけませんし、転職エージェントというパートナーと一緒にあなたにベストな転職先を探す、そんな活動をやってみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

 

ストレスが原因で起こる症状・体の異変としては、以下のようなものがあります。

  • 頭痛
  • 吐き気
  • めまい
  • 体の痛み
  • 集中力の欠如(ミスの発生)
  • 思考能力の低下・憂鬱な感情

 

頭痛やめまいはストレスにより自律神経がにダメージが残ることで起きる症状。

吐き気などはストレス耐性の低い胃腸がストレスにより荒れてしまうことが原因。

 

身体の痛みや集中力の欠如、思考能力の低下などは具体的にどこが悪いというよりは、蓄積したストレスが「SOS」を出しているので、違和感を感じたら気付いて対応を考えることが、あなたの人生のために必要なこと。

 

異常に気付いて、環境を変えたりすることであなたをストレスから解放してあげましょう。

以上、「ストレスが溜まると起こる症状はどんなもの?ストレスで起こる体の異変を解説」でした。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 人気ブログランキング

Pocket