Pocket

 

自分の勤めている会社が嫌い・・・そんな状況になってしまったことはありませんか?

 

色々理由はあると思います。

  • 激務に耐えるのが限界
  • 上司の指示が理不尽
  • 会社の戦略に共感できない
  • お客様からのクレーム
  • 人間関係がうまくいかない

など、さまざまな理由から「もう会社が嫌だ」と思ってしまった・・・

 

そんな状況では、いろいろと前向きに物事を考えるのは難しいですよね。

ですが、この状況はチャンスでもあります。

 

あなたにとっての次のステージが近づいているのかもしれませ

また成長するきっかけなのかもしれません。

 

早まって「辞めます!」なんて言わないでくださいね。

こういう時こそ冷静な判断と行動が必要。

 

この記事では会社が嫌いになってしまった時の対処法を3つお伝えします。

 

会社が嫌いになっても勢いあまって退職願を出さない

 

退職願を出してしまった時のデメリット

退職願いというのは最後のカードです。出してしまうと会社生活の終わりに向けて物事が進んでいきます。

同僚・上司・部下・経営層に対して「あいつは会社に不満を持っている」ということがはっきりと示されます。

 

そうなってしまっては、あなたは「辞めようとしている」というレッテルがベッタリと張り付いて、少しずつ退職に向けたレールが敷かれてしまいます。

そのレッテルは場合によってはあなたの「評価」が悪化してしまう恐れさえあるのです。

 

後戻りができなくなる理由

なぜ後戻りができなくなるのでしょうか。理由は簡単。

会社は不満を持った人に無理やり仕事をさせるより、他の人にやってもらったほうが良い成果が見込めるから。

 

そのため会社はあなたが退職願を出した瞬間から「あなたの代役」を探し始めます。

いままで「自分にしかできない」とプライドを持っていたとしても、あなたがいなくなった瞬間から別の人が代役となり、会社はいつも通りに回り始めます。

 

会社は資本主義に基づく成果主義。

これまでいくらあなたが貢献してきたかという過去はあまり関係なありません。

 

あくまで「今」の仕事ぶりを見て評価をしていくため、温情というものは存在しないドライな世界だということを忘れないようにしましょう。

 

周囲からの見え方が悪くなる

会社からはドライな反応が返ってきて、同僚からは

 

「あいつ辞めるらしいぞ!」

「次はどこいくんだろう?」

 

というような反応が見られます。

引き留めてくれるような人はほとんどいないと言っても過言ではありません。

 

なぜなら人の人生に首を突っ込む余裕のある人は少ないから。

逆に引き留めてくれたり真剣にあなたの話を聞いてくれる人がいたならば、その人はあなたにとって今後の人生でも大切な人である可能性もありますね。

 

周りから「あなたが辞めるかもしれない」という空気が流れだしたら、後戻りはできません。

だからこそ勢い余って退職願を叩きつけたりするのはやめるべきなのです。

 

メンタルが崩壊しそうなときは要注意

ただし、例外もあります。

それはストレスが溜まりに溜まって、心が折れそうな時。

 

こんな状態で我慢をしてしまうと、将来の自分に影響がでます。

そういうときにはおそらく周りが気づいてくれるほどのマイナスオーラが出ているはずなので、上司も薄々気づいてくれているもの。

 

そんなときは上司に相談をしてみましょう。上司は部下のメンタルヘルスを管理する責任もありますので同僚よりも上司が適切。

1つ上の上司が取り合ってくれなければもう1つ上の階層の上司に相談してみてください。

 

きっと解決策が見えてくるはずですよ。

 

開き直って前向きに取り組む

とはいえ、会社が嫌いになってしまったのは事実。

その事実は簡単には変えられません。

 

そんなあなたへの提案は、今まで気にし過ぎていた周りの人への遠慮や面倒な人間関係を忘れ、怖いもの知らずで仕事をするスタンスに切り替えてみること。

いつ辞めてもいい覚悟ができているということは、自分の正義を貫いたり、会社の良くない風習是正したり、思い切った仕事ができるということ。

 

その結果、環境が改善したり、給料が上がったりメリットが大きいので、ぜひやってみてください。

 

次のステージに向けた準備を開始する

 

とはいえ、嫌いになった会社にずっと勤め上げられる保証はありません。

次のステージに向けた準備も並行して行っていくのが正解

 

それでは、具体的にどんな準備をする必要があるのでしょうか。

 

何のために仕事をするのかを考える

日々、目の前の仕事に全力でぶつかっていると、与えられた仕事を完遂することがミッションになりがちです。

ですが、この機会にもっと視野を広げてみましょう。

 

今までよりも視野を広げて、自分の夢や目標を再設定するチャンスです。

 

大切にしたい事を定義する

あなたの大切にしたいものはなんですか?

  • やりがい
  • 収入
  • 家族
  • 趣味
  • 自由な時間

あなたはパッと答えられますか?

 

これが決まっている人は強いです。

次のステージを考える上での軸が明確になりあなたが進むべき道が明確になってくるから。

 

これを機会にあなたが大切したい価値観を明確にする作業に取り組んでみることをおすすめします。

 

いつから新しいステージに挑戦するのか計画する

これまでの考えを踏まえて、この先5年間の計画を立ててみましょう。

 

例)

 1年後 敢えて自分のやりたいように仕事をやって、結果を出す

 2年後 周りから評価され、昇格し、部下を持つ。

     大切な人に出会い、結婚する。

 3年後 リーダーシップを学び、次のステージの学びの期間にする

 4年後 転職にチャレンジし、やりたかった〇〇という仕事にチャレンジする

 5年後 仕事と家庭を両立し、幸せな人生を過ごしている

 

今の自分の力と、今後の自分のプランを明確に定めておけば、迷ったり辛くなった時にも乗り越えられたりします。

更にいうと計画した通りに物事が進んでいたりするもの。

 

思考は現実化する」という言葉は事実で、私自身も自分の思い描いた計画はほとんど実現できたという経験もあります。

思い描いた未来があれば、それをなぞりながら物事は進んでいくものなのです。

 

新しいステージの選択肢

新しいステージの選択肢は大きく2つ。「転職する」「脱サラする」

会社組織で働くことに対しての不満がなければ、転職という選択もありでしょう。

 

脱サラの前に転職して今の職場環境を整えるということも有効な判断であると言えます。

私も転職した新しい会社は今までとはプレッシャーも労働時間も大きく改善させることができました。

 

ステップを踏んであなたのキャリアを考えることも大切なこと。

転職を考えるのであれば、転職エージェントの利用がオススメです。

 

まずは一歩踏み出すこと。

そこからがスタートです。

 

転職活動を「やってみようかな」と思ったあなたへ

 

転職活動を始める上で当サイトオススメのエージェントがあります。

それは「リクルートエージェント」。

 

リクルートエージェント

 

おすすめできる理由は大きく3つ。

圧倒的な求人数」と「厳選された非公開求人」、そして「専門コンサルタントのサポートの手厚さ」です。

 

私自身リクルートエージェントを使って、最高の職場環境を手に入れた経験があります。

首都圏における転職はもちろん、私のように地方へのIターン転職でもしっかりと対応してくれました。

 

求人数はあなたの可能性を広げる上で最も重要な指標であると言っても過言ではありません。

なぜなら本当にあなたに合った会社を提案するためには、コンサルタント自身が「多くの選択肢を持っている」必要があるから。

 

求人数という提案の引き出しが多いからこそ、無理強いせずにあなたの話に耳を傾け、あなたの要望に応えることのできる求人が提案できるのです。

あなたもリクルートエージェントを使って、転職活動を始めてみませんか?

 

リクルートエージェントに相談してみる【無料】

 

その他の転職エージェントとも比較してみたいという方はランキング形式でご紹介していますので、以下の記事も読んでみてください。

↓ 筆者の転職活動の体験談を読んでみたい方はこちら

Thumbnail of 筆者の転職体験談筆者の転職体験談
ストレスで心と身体を壊された人間が転職活動をした結果自由で快適な仕事環境を手に入れた!!

↓ 転職活動の基礎知識を知りたい方はこちら

 

 

会社組織で働くことに限界を感じているなら、脱サラという選択肢もあります。

脱サラに関しては以下の記事で詳しく書いていますので、興味がある方は読んでみてください。

 

参考記事:脱サラの本当の意味とは?隠された本質を徹底解説!

 

まとめ

 

「会社が嫌いだ!」と思ってしまったとしても慌てることなく、賢く物事を進めるという意識、これが大切。

なぜならすべてを投げ出してしまうような行動は、一瞬ですべてを失う危険性を秘めているからです。

 

世の中にある役立つ制度もあります。(休職制度や在職中の転職活動など)

使えるものは使っていくべきですし物事には段取りが必要になるもの。

 

家族がいたり、守るものも多いのであれば、なおさら事前の準備が大事になりますから、自分の人生を壊してしまうことの内容に注意を払っていきましょう。

 

以上、「会社が嫌いになってしまった時の3つの対処法」でした。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 人気ブログランキング

Pocket