Pocket

 

自分の勤めている会社が嫌い・・・そんな状況になってしまったことはありませんか?

 

色々理由はあると思います。

  • 激務に耐えるのが限界
  • 上司の指示が理不尽
  • 会社の戦略に共感できない
  • お客様からのクレーム
  • 人間関係がうまくいかない

など、さまざまな理由から「もう会社が嫌だ」と思ってしまった・・・

 

そんな状況では、いろいろと前向きに物事を考えるのは難しいですよね。

ですが、この状況はチャンスでもあります。

 

あなたのNEXTSTAGEが近づいているのかもしれません。また成長するきっかけなのかもしれません。

 

早まって「辞めます!」なんて言わないでください、こういう時こそ冷静な判断と行動が必要。

 

この記事では会社が嫌いになってしまった時の対処法を3つお伝えします。

 

【注目記事】 知らないと損する!?サラリーマンが知っておくべき転職の常識

 

会社が嫌いになっても勢いあまって退職願を出さない

退職願を出してしまった時のデメリット

退職願いというのは最後のカードです。出してしまうと会社生活の終わりに向けて物事が進んでいきます。

退職の意思が伝わってしまう

同僚・上司・部下・経営層に対して「あいつは会社に不満を持っている」ということがはっきりと示されます。

その結果、会社の中ではあなたの退職に向けたレールが敷かれ、踏みとどまろうとしてもなかなか戻ることはできません。

 

後戻りができなくなる理由

なぜ後戻りができなくなるのでしょうか。理由は簡単。

 

会社は不満を持った人に無理やり仕事をさせるより、他の人にやってもらったほうが良い成果が見込めるから。

 

そのため会社はあなたが退職願を出した瞬間から「あなたの代役」を探し始めます。

 

いままで「自分にしかできない」とプライドを持っていたとしても、あなたがいなくなった瞬間から別の人が代役となり、会社はいつも通りに回り始めます。

 

会社は資本主義に基づく成果第一主義なので、これまでいくらあなたが貢献してきたかという過去はあまり関係なく、今を見て判断するため、温情というものは存在しないし必要もないドライな世界なのです。

 

周囲からの見え方が悪くなる

会社からはドライな反応が返ってきて、同僚からは

 

「あいつ辞めるらしいぞ!」

「次はどこいくんだろう?」

 

というような反応が見られます。

引き留めてくれるような人はほとんどいません。(引き留めてくれるような人はあなたにとって今後の人生でも大切な人かもしれませんね。)

 

こんな状況になってしまったら、絶対に後戻りはないので勢い余って退職願を叩きつけたりするのはやめましょう。

 

例外:メンタルが崩壊しそうなとき

ただし、例外もあります。

それはストレスが溜まりに溜まって、心が折れそうな時。

 

こんな状態で我慢をしてしまうと、将来の自分に影響がでます。

そういうときにはおそらく周りが気づいてくれるほどのマイナスオーラが出ているはずなので、上司も薄々気づいてくれているもの。

 

そんなときは上司に相談をしてみましょう。上司は部下のメンタルヘルスを管理する責任もありますので同僚よりも上司が適切。

1つ上の上司が取り合ってくれなければもう1つ上の階層の上司に相談すれば道は開けるはず。

 

 

開き直って前向きに取り組む

とはいえ、会社が嫌いになってしまったのは事実。その事実は簡単には変えられません。

 

そんなあなたへの提案は、今まで気にし過ぎていた周りの人への遠慮や、面倒な人間関係を忘れ、怖いもの知らずで仕事をするスタンスに切り替えてみること。

 

いつ辞めてもいい覚悟ができているということは、自分の正しいと思ったことを押し通せたり、みんなが間違っていると思ったことを是正したり、思い切った仕事ができるということ。

 

その結果今まで切り込んでいけなかった問題や、いままでチャレンジできなかったことに挑戦できたりするもの。

挑戦の結果、環境が改善したり、給料が上がったりメリットが大きいので、ぜひやってみてください。

 

次のステージに向けた準備を開始する

とはいえ、嫌いになった会社にずっと勤め上げられる保証はありません。

次のステージに向けた準備も並行して行っていくのが正解

それでは、具体的にどんな準備をする必要があるのでしょうか。

 

自分は何のために仕事をしたいのか、考える。

日々、目の前の仕事に全力でぶつかっていると、与えられた仕事を完遂することがミッションになりがちです。

ですが、この機会にもっと視野を広げてみましょう。

 

今までよりも視野を広げて、自分の夢や目標を再設定するチャンスです。

 

自分が大切にしたいもの(こと)を定義する

あなたの大切にしたいものはなんですか?

  • やりがい
  • 収入
  • 家族
  • 趣味
  • 自由な時間

あなたはパッと答えられますか?

これが決まっていると強く、次のステージを考える上での大切な軸が明確になりあなたの行く先が見えてきます。

 

いつから新しいステージに挑戦するのか計画する

これまでの考えを踏まえて、この先5年間の計画を立ててみましょう。

例)

 1年後 敢えて自分のやりたいように仕事をやって、結果を出す

 2年後 結果が出て、周りから評価され、昇格し、部下を持ち、結婚する。

 3年後 リーダーシップを学び、次のステージの学びの期間にする

 4年後 やりたかった〇〇という仕事にチャレンジする

 5年後 仕事と家庭を両立し、幸せな人生を過ごしている

 

今の自分の力と、今後の自分のプランを明確に定めておけば、

迷ったり、辛くなった時にも乗り越えられたりします。

更にいうと計画した通りに物事が進んでいたりするもの。

思考は現実化する」という言葉は本当で、思い描いた未来があれば、それをなぞりながら物事は進んでいくのです。

 

新しいステージの選択肢

新しいステージの選択肢は大きく2つ。「転職する」「脱サラする」

会社組織で働くことに対しての不満がなければ、転職という選択もありでしょう。

 

脱サラの前に転職して今の職場環境を整えるということも有効な判断であると言えます。

私も転職した新しい会社は今までとはプレッシャーも労働時間も大きく改善させることができました。

 

ステップを踏んであなたのキャリアを考えることも大切なこと。

転職を考えるのであれば、転職エージェントの利用がオススメ。

 

なぜなら転職エージェントはあなたの転職を成功させることで報酬を得ているのですから。

詳しくは以下の記事で説明していますのでこちらもご覧ください。

 

【転職耳より情報】 知らないと損する!?サラリーマンが知っておくべき転職の常識

 

併せて登録しておいたら間違いのない転職エージェントをご紹介しておきます。

まずは一歩踏み出すこと。そこからがスタートです。

 

<オススメ転職エージェントはこちらから>

DODAエージェントサービス

リクルートエージェント

マイナビエージェント

楽な転職.com

 

会社組織で働くことに限界を感じているなら、脱サラという選択肢もあります。

脱サラに関しては以下の記事で詳しく書いています。

 

参考記事「脱サラの本当の意味とは?隠された本質を徹底解説!

まとめ

まとめると、会社が嫌いだ!と思ってしまったとしてもクレバーに物事をすすめましょう、という提案です。

 

大人として、使える制度は使っていくべきですし、物事には準備が必要。

家族がいたり、守るものも多いのであれば、なおさら事前の準備が大事。

 

そのために意識すべきことは

  • 会社が嫌いになっても勢いあまって退職願を出さない

  • 開き直って前向きに取り組む

  • 次のステージに向けた準備を開始する

 

これらを意識して、賢くあなたのネクストステージを考えていきましょう。

 

以上、「会社が嫌いになってしまった時の3つの対処法」でした。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 人気ブログランキング

Pocket