Pocket

仕事にストレスは必ずついてまわるもの。

いろいろな場面で感じてしまいますよね、例としては「上司からの理不尽な指示」「同僚との人間関係」「お客様からのクレームや理不尽な要求」など。

ストレスはつきものだからといって我慢していて良いものなのでしょうか、それとも我慢しない方法はあるのでしょうか。 今回はストレスに我慢できなくなりそうな時の対処法についてお伝えします。

我慢するべき、しないべき?

我慢すべきストレスとすべきでないストレス

ストレスにも種類があります。

大きく2つ存在し、「乗り越えることで自己の成長につながると捉えることができるストレス」と「自分にとって利益を生み出さない負担としか感じられないストレス」があります。

同じストレスでも精神的、肉体的に感じる負担が大きいのは後者の「自分にとって利益を生み出さない負担としか感じられないストレス」です。

我慢すべきストレスを耐えたらどんなメリットがあるのか

我慢すべきストレスは自己成長と達成感につながるもの。

上司からの指示で自分の職種や役割に沿った内容であれば、我慢すべきストレスに近い分類と言えます。 ここで意識すべきポイントがあります。

あなたが自分の仕事を理解して、自分が何をすべきかどうやったら成長できるかを常に考え続けるあなた主体のマインドを持っておく必要があり、受身の姿勢で仕事に取り組んでいるとすべての仕事が「自分にとって利益を生み出さないストレス」であると感じられてしまうということ。

ここができていないと仕事はたちまち「やらされているもの」「お金のために仕方なくやっていること」に変化します。

主体的に受け止め、自分の成長につながると思われる仕事に全力を尽くしましょう。またもし成長につながらない仕事だと思ったら、場合によっては断る勇気も必要。 すべてを受け止めていたら、仕事量とストレスでおかしくなってしまいますよ。

我慢すべきでないストレスを我慢し続けるとどうなる?

我慢すべきでないストレスを我慢し続けると精神と肉体に大きな負担がかかります。

慢性的な肩こりや頭痛、めまい、だるさ、さらにひどくなると鬱病にまで発展してしまうことも・・・特に真面目に物事を受け止めてしまう人はまともにダメージを受けてしまうので、限界に達するのが早い傾向があります。

我慢せずに対処する方法はあるの?

我慢せずに対処する方法① 忘れる

我慢というのは、ストレス自体を受け止めて、身体と心の中に受け止めてしまうこと。 だから受け止めない、もしくは受け止めていたことをリセットする。 これができれば最強メンタル超人になれます。 ですが、これが出来ている人はごくわずか。 現代人はスマートフォンという通信ツールがあるため年中仕事の連絡が来てしまい、なかなか仕事を忘れる時間がないというのが実情。 とはいえストレス社会と戦うためには必要な動きですよね。 オススメは会社を出たら、スマホの電源をOFF!仕事のことはきっぱり忘れてプライベートモードに切り替えること。 別人になりきることをやってみてはいかがでしょうか。

我慢せずに対処する方法② 受け止めず、打ち返す

言われた事や指示に対して、ただ単に受け止めてもがいてしまっていませんか? その言葉の意味と目的をしっかり理解するように心がけて、しっかりと

我慢せずに対処する方法③ 反抗心を持ちながら、クレバーにやり返す

それでも耐えられないストレスの対処法

限界を迎える前に吐き出す

次の道を模索する

まとめ

Posted from SLPRO X for iPhone.

Pocket