Pocket

 

 

あなたは「脱サラ」という言葉の本当の意味をご存知ですか?

 

「脱サラ」とはサラリーマンを脱出することという単純な意味ではありません。勤務時間という1日8時間を超える労働時間から自由を得るということを指し、主に「起業」や「独立」することをいいます。

 

NEXTNEXT

もしかしたらこの記事を読んでいるあなたはサラリーマンに不自由を感じているのでは?

 

そんなあなたに、今回の記事では

  • なぜサラリーマンは不自由なのか
  • 脱サラすると人生がどう変わるのか

これらについて、徹底解説していきます。

 

あなたのNEXTSTAGEを考える上で、何かお役に立てれば幸いです。

 

「脱サラ」の本当の意味とは?

「脱サラ」を辞書で引くと・・・?

〔脱サラリーマンの略〕サラリーマンを辞め、独立して仕事を始めること(Webilo辞書より)

とてもシンプルに書かれています。なんというか、「そのまま」の表現ですよね。「そりゃそうだ。」で終わってしまっては本質にたどりつくことはできません。

 

NEXTNEXT

なぜサラリーマンを脱出する必要があるの?

サラリーマンという仕事を考える

サラリーマンは会社のビジネスを支える仕事です。俯瞰的に見て、大きく以下の登場人物がいます。

  • 会社
  • 顧客
  • 仕入先

という商品を仕入れて売るという仕事

もしくは

  • 会社(自社製造・サービス提供)
  • 顧客

というシンプルな構造の場合もあるでしょう。

ここで注目したいのが、あくまでビジネスの主体は会社であるということ。

サラリーマンはこの絵には出てきていませんよね。

 

あくまで会社が商売をしているのであって、会社員である自分は実際に商売をしていないのです。(営業職など近い職種もありますが、セールスの部分だけ手伝っているにすぎないのです。)

サラリーマンは会社の商売を手伝うことが仕事で、
会社からは「仕事を手伝ってくれた報酬」として給料を受け取ります。

 

サラリーマンは稼げない?

上の図に書いたように、サラリーマンは会社の利益を出すために毎日働きます。

いくら成果をだしたところで、会社が儲かるだけです。

 

頑張っても頑張って利益を出しても、会社が儲かるだけで、自分には直接的にも利益をもたらしません。会社が儲かったとしても、給料は大きく変えられません。

なぜなら、給料は平等に支払わなければならないから。もちろん多少の差はありますが・・・

 

成果を出していてもいなくても同じ。

 

私は営業をしていますが、いくらトップの営業になって、業績を他の人の何倍も達成していたとしても給料はそんなに変わりません。

その仕組みをまず理解することが、脱サラをするメリット・デメリットを判断するために重要なことだと考えます。

サラリーマンが自由でない理由

では、サラリーマンが自由でないのはなぜでしょうか。

それは労働力を対価として会社に捧げているという構造に問題があります。

 

成果主義の会社も最近は出てきていますが、まだまだ成果が直接報酬に結び付くような会社は多くありません。

労働力を対価にしているので、ある一定の時間は働いていてもらわないと困ります。そのため、「就業時間」があり、週5日の所定勤務日があるのです。

 

1ヶ月のうち、5日間、最低8時間は勤務しなければならないため、1週間で40時間を最低でも仕事に捧げます。加えて残業や通勤時間や睡眠時間を積み上げると、1日の2/3は思った通りに使えません。

 

自分の人生の2/3を会社に捧げるサラリーマン。

自由であるはずがありませんよね。

 

脱サラすると人生がどう変わるのか?

自分がビジネスの主体に変わる

先ほど上の図でご説明した会社のポジションに自分が立つことになります。すなわち、売上-仕入価格=収入となり、成果を出せば出すほど、収入が増加していきます。

 

時間が自由に使える

労働力を対価として捧げているわけではないので、時間は自由です。

いつ仕事をしても良いのです。

 

例えば、1日2時間だけ働いて、成果が出せるやり方があれば本当に1日2時間だけでよいのです。

給料が安定して入ってこなくなる

時間も自由ですが、お金は安定しません。

サラリーマンは「働くこと」が価値であり、お金に直結します。しかし脱サラすると「売上」が上がらないと食べていけなくなります。

 

脱サラしたいけどどうしたらよいかわからない人へ

脱サラするための方法

これまでの話を聞いて、「リスクはあるけど、やってみたい」と思ったら、まずは情報収集からはじめましょう。

サラリーマンを辞めるためには、「給料に代わる収入」が必要です。

 

では給料に代わる収入を得るためにはどうしたらよいのでしょうか。

 

オススメはネットビジネスです。

ネットビジネスは、パソコン1台から始められて新たにオフィスを構えたり、初期投資はほとんど必要ありません。(ネットビジネスの種類によっては、仕入が必要なものもあります。)

 

サラリーマンに疲れた、脱サラに興味があるという人は是非、ネットビジネスについて調べてみてください。

こちらについては別記事で書いていきます。

 

以上、「徹底解説!「脱サラ」という言葉に隠された本当の意味とは?」でした。

 

Pocket